中国輸入

Amazon新規出品にJANコード必須!取得した方が良いたった1つの理由

こんにちは。

 

エルシル編集部の大谷です。

 

 

「Amazonで新規出品しようと思ったら、JANを入力する必要があるじゃん。。」

 

という経験があると思います。

 

 

相乗り出品であれば誰かが作成したカタログに相乗りするので、JANコードは必要がありません。

 

ですが、新規出品の場合は1からカタログを作成するので、JANコードがあった方が良いです。

 

JANコードが無かった場合は、かなりメンドウな作業が必要になってきます。

 

 

このような事から新規出品を考えている場合、JANコードは必須です!

 

実際にJANコード無しで登録しようと試みましたが、メンドウで挫折しました(笑)

 

 

今回は、そんなJANコードの【必要性】や【取得方法】に関して解説していきます!

 

Amazonで新規出品を考えられている場合は、最後まで見ていって下さいね!

 

またJANコード生成Excelを最後にプレゼントとして用意しています!

 

JANコードとは?

 

 

JANコードとは【Japanese Article Number】の略で、日本国内での共通商品コードです。

 

JANコードは上記画像のようなコードで、13桁で生成されています。(短縮タイプの8桁もあります)

 

おそらく日本に住んでいる方は、誰でも見た事がありますよね。

 

 

ちょっとした豆知識ですが日本の商品コードの場合、必ず【4】から始まります。

 

またアメリカの場合は、必ず【0】から始まるようになっているのです。

 

このようにコードが何番から始まるか分かっていると、海外製品かどうかすぐに見分ける事が出来ます。

 

もし時間があれば買い物に行った時などに、見てみて下さいね!

 

JANコードを取得すると新規出品が簡単!

 

冒頭でもお伝えしましたが、JANコードがない場合でも新規出品は可能です。

 

ですが、【商品カテゴリー】や【商品毎】にJANコード無しの申請をして出品する必要があります。

 

この申請が、かなりメンドウです。。

 

おとなしくJANコードを取得する事をオススメします!

 

 

「中国から仕入れたノーブランドの商品に、JANコードを設定していいの?」

 

と感じた方がいらっしゃると思いますが、全然OKです!問題ありません!

 

 

では次に、実際に「どのような方法でJANコードを取得をしたら良いか」を解説していきます!

JANコードを取得するには?

 

JANコードを取得するには、以下の2通りの方法があります。

 

【バーコード利用の手引き】という冊子を購入して申し込む

【一般財団法人流通システム開発センターHP】から申し込む

 

どちらの方法で申し込んだとしても、【登録申請料1,200円】と【新規登録申請料10,800円】の合計12,960円かかります。

 

 

 

①の場合はAmazon、または最寄りの商工会議所などで販売されています。

 

冊子の中に、申請に必要な書類の書き方が丁寧に記載されているので、迷うことはありません。

 

 

 

②に関しても、インターネットで丁寧に解説されているので、手順通りに進めていけば問題ないです。

 

オススメの方法としては、インターネットでの申し込み!

 

インターネット経由で申し込みした場合、約1週間ほどでJANコード登録通知が到着します。

 

かなり早いですね!

 

 

では次に、JANコードの作成方法を解説していきます!

 

JANコードの作成方法

 

 

JANコードは13桁とお伝えしましたが、登録通知が届いて付与される番号は9桁の【GS1事業者コード】という番号です。

 

上記の画像を見て頂くと分かるのですが、JANコードは【GS1事業者コード】【アイテムコード】【チェックデジット】の3つで形成されています。

 

アイテムコードは【001~999】までを、販売者側自身で設定する必要がある項目です。

 

ですので、1つの【GS1事業者コード(9桁)】で、999個までのJANコードを作成可能という事になります。

 

 

999個のJANコードを作成する事が出来るので、999SKU分のJANコードがあるという事ですね。

 

この999個のJANコードを使い切ると、有料で再申請が必要と認識している方が多いです。

 

ですが、それは間違った認識なので注意して下さい!

 

 

999個のJANコードを使い切った場合は無料で申請する事ができ、新たに【GS1事業者コード(9桁)】を付与されます。

 

また無料で付与される【GS1事業者コード(9桁)】は、100個まで可能です。

 

 

【GS1事業者コード(9桁)】につき、JANコードが999個生成出来るので、

 

【999JANコード × GS1事業者コード100個 = 99,900JANコード】

 

まで、初回に支払った申請料で生成する事ができます。

 

メチャクチャ数が多いので、JANコードに困る事はありませんね(笑)

 

9万個もJANコードを付与する商品があれば、物販マスターになっていると思います(笑)

 

 

少し話がそれましたが、JANコードは【GS1事業者コード】【アイテムコード】【チェックデジット】の3つで生成する事が可能です。

 

肝心のJANコードの生成方法ですが、コチラのサイトで自動生成が出来ます。

 

 

使い方は簡単で、1番上の入力欄に【GS1コード + アイテムコード】の12桁を入力して【計算】をクリック。

 

すると、【チェックデジット表示欄】に1桁の数字が表示されます。

 

その表示された数字が【チェックデジット】です。

 

 

入力欄に入力した12桁の数字の後ろに、チェックデジット1桁を合わせたコードが【JANコード】になります。

 

色々とややこしいですが、生成するのは簡単です(笑)

 

 

ですが、1商品ずつ上記の対応をするのって、かなりメンドウですよね。。

 

そんな方のために、簡単にJANコードを生成してくれるExcelを用意しました!

 

JANコード生成Excelプレゼント

 

 

チェックデジットは、上記のような計算方法で算出されています。

 

考えるだけで嫌になりますよね(笑)

 

 

私自身がこの計算を行うのが嫌だったので、計算を自動で行ってくれ、JANコードを生成してくれるExcelを作成しました!

 

そんなExcelをみなさんにもプレゼントします!

 

ダウンロードはコチラから!

 

 

使い方は簡単で【GS1事業者コード】に、ご自身がお持ちのコードを入力するだけです!

 

入力すれば自動でチェックデジットを計算して、JANコードまで生成してくれます!

 

あとは管理しやすいように【商品名】の欄に、商品名、もしくはSKUなどを入れて管理してもらえたらと思います。

 

ぜひ有効活用して、他の事に時間を使えるようにして下さいね!

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

JANコードを生成するのは、メンドウかもしれません。

 

ですが、JANコード無しで新規出品する方が確実にメンドウです!

 

一度生成してしまえば後は楽チンなので、JANコードを生成してみて下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 絶対厳守!Amazonに出店する際に気をつける7つの注意点!
  2. Amazonへの裏技的出品方法!今よりも15倍売れる秘密の方法と…
  3. 中国輸入商品をamazonで相乗り出品する時に絶対に注意すべき点…
  4. 簡単!5つのステップで中国輸入をスタート!中国輸入を今すぐ始めよ…
  5. ライバルとの価格競争からの脱出!そのたった1つの方法とは?
  6. 超簡単!中国輸入で劇的に売れる商品を見つけるたった1つの方法!
  7. 中国輸入の仕入れで絶対に覚えておくべき大手ECサイト3選!
  8. 中国輸入・せどりのリサーチを楽しくするための大切な3つの考え方!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP