中国輸入

徹底解説!Amazonは【FBA出荷】と【出品者出荷】どっちがお得?

こんにちは。

 

エルシル編集部の大谷です。

 

 

Amazonで商品を販売して売れると、商品を出荷する必要があります。

 

Amazonでの出荷方法は【FBA出荷】と【出品者出荷】の2通り方法があるのですが

 

「結局どの方法で出荷するのが、送料はお得なの?」

 

という疑問がありますよね?

 

 

これ、すごく大事な問題です!

 

【FBA出荷】と【出品者出荷】の送料が1件10円違うだけで、100件出荷すると1000円も違います。

 

こんな事になりかねないので、本当にすごくシビアになる部分ですね。

 

 

ですが、今まで【FBA出荷】と【出品者出荷】を両方使った私だからこそ、どちらの方法がお得か分かっています!

 

自社出荷として1日500件以上出荷した経験がある私が言うので、間違いありません(笑)

 

 

今回は、そんなFBA出荷と出品者出荷の【どちらがお得か?】という部分を解説していきます!

 

1件あたりの送料も、ちりも積もれば大きくなるので侮ってはいけませんよ!(笑)

 

最後まで必見です!

 

FBA出荷とは?

 

 

FBA出荷とは、ご存知の方も多いと思いますが【Amazon倉庫】から【お客様】へ、商品を出荷してくれるサービスです。

(FBA = フルフィルメント by Amazon)

 

なので、事前に販売する商品をAmazon倉庫に納品しておく必要があります。

 

納品した後は、商品が売れたタイミングで、自分では何もせずAmazonが勝手に出荷してくれるのです。

 

すごく便利なサービスですね!(笑)

 

「FBAに関して、もっと詳しく知りたい!」そんな方は、下記の記事を参考にして頂けたらと思います!

関連記事

今更聞けない!Amazonの超便利サービス「FBA」の徹底解説!

 

出品者出荷とは?

 

 

出品者出荷とは、説明しなくても分かると思いますが、自分自身で売れた商品を出荷する方法です。

 

ですので、FBAみたいに勝手に出荷はされずに、自分で【ラベル作成】【梱包】などを行う必要があります。

 

めんどくさいですね(笑)

 

ですが、利益を生むためには、めんどくさがってはいけません(笑)←お前が言うな

 

 

では次に、例として実際に【FBA出荷】と【出品者出荷】を比較した表があるので、どちらがお得か見ていきましょう!

【FBA出荷】と【出品者出荷】の料金比較

 

引用元:Amazon.co.jp

 

【自社(関東)】が出品者出荷、【FBA(配送代行手数料)】がFBA出荷の料金です。

(※自社出荷は、関東から出荷した場合の例です。)

 

上記の表が分かりやすいので、すぐにお分かり頂けたと思いますが【FBA出荷】の方がお得という事が分かります。

 

 

またカメラを見るとFBA手数料が【0円】となっていますよね。

 

これが「何故か?」というと、販売価格が45,000円以上の場合、FBA手数料が無料になります。

 

販売価格が高ければ高いほど、販売手数料が高くなるのでAmazonの優しさです(笑)

(販売手数料 = 商品の販売が成立した時に発生する手数料)

 

 

分かりやすいように、AmazonのFBA料金表を載せておきます。

 

引用元:Amazon.co.jp

 

 

「料金比較表は、Amazonが作成した表なので、いいように書いているんじゃないか?」

 

そう思いませんでしたか?

 

私は根性が悪いので、そう思いました(笑)

 

なので、実際に日本郵便の【ゆうパケット】と比較することに!

 

引用元:Amazon.co.jp

引用元:日本郵便

 

 

上記のメモリーカードは、厚さ1cm未満で発送可能です。

 

厚さ1cm未満で発送できるという事は、ゆうパケットで発送した場合【250円】で発送可能ですね。

 

ですが、AmazonのFBA料金を見てみると、なんと【245円】で出荷可能です!

 

疑ってすみませんでした(笑)

 

Amazonは、すごく良心的でしたね(笑)

 

 

ですが、例外もあって日本郵便と契約すると、発送単価が安くなる場合があります。

 

実際に私も契約していて、3cmまで約200円で発送可能です。

 

こうなってくると話が変わってきます。

 

 

FBAで出荷した場合は【249円】かかりますが、自社で出荷した場合は【200円】で出荷出来るので【49円】の差額があるのです。

 

仮に1ヶ月に1000件出荷するとなると【49円 × 1000件 = 4万9千円】も違ってきますよね。

 

ですので、3cm未満の商品を取り扱う場合は、日本郵便と契約する方がお得になる場合があります。

 

 

また料金を安くするコツは、まずネコポス(宅急便)の見積を取ります。

 

そのネコポスの見積を日本郵便に見せて

 

「ネコポスは、この値段でやってくれているから、もっと安くならないですか?」

 

というような提案をしてみると良いでしょう!

 

配達業界も大変なので、あくまでもふっかけるような言い方ではなく、親身になって提案して下さいね。

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

基本的には、FBAを使用する方法がお得な事に間違いありません!

 

ですが、3cm未満の商品であれば、契約次第でFBA料金よりも安くなる場合があります。

 

利益を最大化すると考えると、【FBA出荷】と【出品者出荷】を使い分ける事がオススメです。

 

【出品者出荷】の場合は、全て自分自身で出荷作業をする必要があるので、手間を考えると【FBA出荷】がオススメという事になります。

 

ご自身の状況に合わせて、出荷の方法を選んでいくのが良いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 中国輸入・せどりのリサーチを楽しくするための大切な3つの考え方!…
  2. 中国輸入の仕入れで絶対に覚えておくべき大手ECサイト3選!
  3. 中国輸入で取り組むべき出品方法は?新規出品の3つのメリット・デメ…
  4. 納品費用の削減!複数に分かれてしまうFBA納品先への対策!
  5. 絶対厳守!Amazonに出店する際に気をつける7つの注意点!
  6. 王道!Amazon中国輸入で知っておきべき商品リサーチ方法2選!…
  7. 超便利!リアルタイム口座振替を使って関税・消費税を自動引き落とし…
  8. 初心者必見!Amazon中国輸入でリサーチを失敗する人の特徴3選…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP