中国輸入

マルチチャネルサービスって何?メリットとデメリットは?5つのデメリットと解消法!

マルチチャネルサービス

Amazonにはマルチチャネというサービスがあるのはご存知でしょうか?

 

FBAマルチチャネルサービスとは、自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、

Amazonが代行して運用する物流サービスです。面倒な初期設定や固定費は一切不要。

出品管理ツール(セラーセントラル)からの出荷依頼だけで簡単、手軽にご利用いただけます。

複数の販路で商品を販売されている方、多店舗展開や販路拡大を検討中の方、物流のアウトソーシングをお考えの方におすすめのサービスです。
FBAマルチチャネルサービスを利用するには、フルフィルメント by Amazon(FBA)への登録が必要となります。

引用元:Amazon

 

Yahooショッピング、楽天市場、Qoo10、ショップリスト、メルカリ等のフリマアプリ

 

様々な販路をお使いの場合に、AmazonのFBA倉庫から発送をするので

 

個々のショッピングサイト用に在庫を保持しておかなくて済む非常に便利なサービスです。

 

 

面倒な手続きもなくFBAへさえ納品していれば、誰でもすぐにマルチチャネルサービスを使用することができます。

 

現在Amazon以外に販路を持っていない方も在庫を新たに用意する事なく

 

すぐに販売ができるので、マルチチャネルサービスは使わないと損します。

 

 

AmazonのFBAの様なサービスを提供しているショッピングサイトは少しずつ増えて来ていますが

 

ほとんどのショッピングサイトは対応していなくて、発送作業をご自身で行う必要があります。

 

 

物販事業で一番面倒な梱包・発送の作業をマルチチャネルサービスを使用する事によって宛先の情報を入力するだけで、Amazonの完璧で厳重な梱包で発送を行ってくれます。

 

ご自身で行う梱包よりも圧倒的にしっかりとした梱包で発送してくれるので商品の破損等が発生する確率も下がります。

 

 

Amazon以外の販路をお持ちでない方でも、マルチチャネルサービスを使用すると

すぐに新しい販路を作れますので、まずは簡単なヤフオクあたりから初めてみるといいですね。

 

マルチチャネルサービスのデメリット

マルチチャネルサービスを利用することで、楽天やYahoo!ショッピング等の他のECサイトでの販売も簡単に行えますが少なからずデメリットは存在します。

 

 

 

 

ギフトラッピング未対応

マルチチャネルサービスではギフトラッピングが出来ない種

 

他店舗で販売する際に、梱包方法選択でギフトラッピングを出来ないように設定しておかなければなりません。

 

 

 

 

チラシ等が同封できない

FBAに納品している商品なので、当然ながら梱包時にチラシや広告などを同封することができません。

 

リピーターを増やす方法として使われる戦略ですが、マルチチャネルサービスを使用する上では使えない戦略となります。

 

 

 

 

 

 

発送者名がAmazonのショップ名

他の販路でも同じショップ名を使っていれば問題がありませんがもし違う名前で販売している場合、購入者に事前に連絡しておかなければ思わぬトラブルになる可能性があります。

 

 

 

 

お問い合わせ番号発行に時間がかかる

マルチチャネルサービスを使用して発送する際に、荷物のお問い合わせ番号が発行されますが少し時間がかかってしまいます。

 

発送作業自体は早いので、既に出荷が完了しているのにお問い合わせ番号がまだ発行されないと言った事が多々あります。

 

お問い合わせ番号が発行され、購入者に連絡したら既に届いているという場合もたまにあります。

 

ただ、番号で追跡ができるのでもし配達に不備があっても原因がすぐに分かるので安心ですね。

 

 

 

 

他の販路でのクレーム

ここ最近になって頻繁に起こっているクレームが、「Amazonの箱で商品が届いた」というクレームです。

 

一見問題はなさそうに思えますが、yahoo!ショッピングや楽天市場で購入したのに

 

Amazonの箱で商品が届く事に不信感を抱く購入者が多々います。

 

 

 

原因としては、近年増加している転売屋の存在が大きいです。

 

商品の在庫を所持していないのに出品して、注文があったらAmazonから購入し

 

配送先を購入者住所に設定して販売する手法です。

 

Amazonでの販売金額が安いので、そこで利益が出てしまうのです。

 

 

一概にこれだけが原因という訳ではありませんが

 

注文先とは別であるAmazonの箱で梱包されている事は確かに違和感を感じるのでクレームが発生してしまう可能性があります。

 

無地ダンボールを使用するメリット

デメリットの⑤で上げた、Amazonの箱での配送については改善方法があります。

 

それは「無地ダンボール」での配送です。

 

Amazonのマルチチャネルサービスにはさらに無地ダンボール配送サービスという

 

他のショッピングサイトで販売する人の為のサービスがあります。

 

FBA マルチチャネルサービスでは、2013年9月11日よりAmazon.co.jpのロゴ印刷の入らない無地のダンボールでの出荷に対応するフルフィルメントセンター(FC)を拡大しております。「他社のロゴ入りダンボールは使用不可」といった他社の条件により、これまでマルチチャネルサービスをご利用いただけなかった販路からの受注分にも対応が可能となり、作業負荷軽減にお役立ていただけます。

マルチチャネルサービスは、出品者の在庫管理の効率化と作業負荷の軽減だけでなく、マケプレ当日お急ぎ便、マケプレお急ぎ便、お届け日時指定便を利用できるため、顧客満足度向上にもつながります。

引用元:Amazon

 

このサービスを使用することによって、⑤で上げた「Amazonの箱で商品が届いた」というクレーム発生のデメリットを消す事ができます。

 

 

無地ダンボール配送を使用するのには幾つか規約があります。

 

まず一つ目は、無地ダンボールに対応しているFBA倉庫が決まっております。

 

2017年6月12日に対応倉庫が増え、現在は

 

  • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
  • 多治見FC (愛知NGO2)
  • 川島FC(埼玉 HND3)
  • 大東FC(大阪 KIX2)
  • 川越FC(埼玉 NRT5)
  • 市川FC(千葉 NRT1)
  • 堺FC(大阪 KIX1)
  • 八千代FC(千葉 NRT2)
  • 鳥栖FC(佐賀 HSG1)

引用元:Amazon

 

上記のFBA倉庫が無地ダンボールでのマルチチャネル配送に対応しております。

 

FBA倉庫によって対応している商品のサイズが異なりますので下記表を参考に納品先のFBA倉庫を決めましょう。

 

Item sizeFC Name
小型/標準サイズの選択FC

(1FCが選択されます)

小田原 FC(FSZ1)

市川 FC(NRT1)

多治見 FC(NGO2)

堺 FC(KIX1)

鳥栖 FC(HSG1)

大型商品サイズの選択FC

(1FCが選択されます)

川島 FC(HND3)

八千代 FC(NRT2)

大東 FC(KIX2)

鳥栖 FC(HSG1)

 

特に納品先にこだわりがない場合は

 

全サイズの納品が可能な鳥栖FC(HSG1)へ納品する事をオススメします。

 

取扱いサイズ等に変更がある可能性もありますので、Amazonからの連絡に注意してください。

 

 

 

無地ダンボールを利用するにはAmazonへメールで申請を行う必要があります。

 

無地ダンボールの利用をご希望される場合は、こちらのテンプレートを使って、jp-fba-mcf@amazon.comまで登録を希望する旨をお知らせください。

テンプレートが開けない場合は、セラーセントラルの出品用アカウント情報に登録されている出品者様の正式名称、ならびにEメールアドレスをご記入の上、

無地ダンボールの利用をご希望の旨をjp-fba-mcf@amazon.comまでご連絡ください。

なお、設定の変更には、ご連絡をいただいてから2週間ほどかかる場合があります。設定の変更が完了次第、ご連絡いたします。

無地ダンボール利用の設定が完了すると、それ以降のすべての納品において、セラーセントラルに表示される納品先FCは、自動的に無地ダンボールの出荷に対応しているFCに切り替わります。

引用元:Amazon

 

まとめ

 

非常に便利なマルチチャネルサービスを更に使いやすくなる「無地ダンボール配送」

 

このサービスを使用する事で、AmazonのFBA倉庫以外に在庫を持つ必要がほとんどなくなって来ているのではないでしょうか?

 

私自身販路は複数ありますが、すべての在庫はFBA倉庫に入れておりますので

 

 

これから物販を始める方や、伸び悩んでいる方はAmazonのFBAだけに絞って見てはいかがでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 中国輸入で取り組むべき出品方法は?新規出品の3つのメリット・デメ…
  2. 初心者必見!Amazon中国輸入でリサーチを失敗する人の特徴3選…
  3. 納品費用の削減!複数に分かれてしまうFBA納品先への対策!
  4. 今更聞けない!Amazonの超便利サービス「FBA」の徹底解説!…
  5. SKUは多く持つ方が良い?SKUを多く持つ3つのメリット・デメリ…
  6. Amazonで売り上げ上昇間違いなし!売れる商品画像を作る5つの…
  7. 徹底解説!Amazonは【FBA出荷】と【出品者出荷】どっちがお…
  8. 【2018年版】中国輸入で要注意な中国大型連休とたった1つの対処…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP