中国輸入

超簡単!中国輸入で劇的に売れる商品を見つけるたった1つの方法!

こんにちは。

 

エルシル編集部のIです。

 

物販事業を行っている人は、日々売上をあげようと奮闘していると思います。

 

売上を上げる方法は勿論、商品を売るしかないのです。

 

ですが売れるかどうかなんて実際に販売してみないと分からない事が多いです。

 

売れると思って発注したのに想定より売れなくて在庫を抱えてしまった。

 

そんな経験を一度はした事がある事でしょう。

 

私も勿論経験した事があります。

 

ではなぜ商品が売れなくて売上が上がらないのか?

 

非常に簡単な事なので今回はその理由についてお話しますね。

 

また、売れる商品を見つける方法も合わせてご紹介します!

 

物販事業者の方は、是非最後まで読んで下さいね!

 

商品が売れない理由

 

なかなか売れない商品を必死になって売ろうと努力していると思います。

 

ですがこの時点で間違っています。

 

売れにくい商品にいくら力を注いでも、結果に繋がる事はほとんどありません。

 

誰も扱っていない商品を扱っていて、知名度が低いせいで売れていないだけで知られさえすれば売れるという事も中にはあります。

 

ただEC事業に参入者が大量にいる現在では、そんなブルーオーシャンな市場はもうほとんどありません。

ブルーオーシャンとは

競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」と言う

 

大抵の物は既に誰かが扱っています。

 

ですので、その少ない可能性にかけて売れない物を必死に売ろうとするのは非効率的なのです。

 

売ろうとするという事は、時間や労力や資金を使うので事業自体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ここで意地になってなんとか売ろうとすると、結局なにも解決できず撤退してしまう事になります。

 

なので売れないと感じた商品は、仕入れ値で売るなどして利益を考えずさっさと捌いた方が次の資金にもなるので得策です。

 

ではなぜ売れなかったのか?

 

商品が売れない理由、それは「売れる商品を扱っていない」からです。

 

単純なようですが、これが答えなのです。

 

「売れると思って販売している」と考える方もいるでしょう。

 

ただそれは「売りたい商品」ではないでしょうか?

 

物販とは

 

販売者が「売りたい商品」を販売するのではなく
購入者が「買いたい商品」を販売するのです。

 

ここを勘違いしている方が沢山いらっしゃいます。

 

「この商品を売りたい」「この商品は良い物だから売れる」などの感情はただの押し付けでしかありません。

 

購入者が欲しいと思う商品を扱わないと当然売れないのです。

 

極端な話ですが、100万円のボールペンが大ヒットしますか?

 

機能性や素材も非常に良い物を使用していて100万円以上の価値があるボールペンだとします。

 

ですがボールペンが欲しい人のニーズに合っていますか?

 

中には欲しいと思う方もいるかもしれませんが、それは物販事業ではなくてただの博打です。

 

物販事業は少数の人が欲しがる物より、ボールペンが欲しいと思っている人が全員欲しがる様な商品を扱わないといけません。

 

いつ売れるか分からない100万円よりも、頻繁に大量に売れる1000円の方が事業としては安定するのは理解頂けると思います。

 

もちろん少数の人向けの商品を販売している企業もありますが、これは資金などに余裕があり話題性で企業のアピールにもなるからこそ出来る芸当です。

 

個人で行う物販事業では一世一代の掛けになってしまうので、到底ムリな話です。

 

かなり極端な話になりましたが、これが物販事業において安定する考え方です。

 

では結局売れる商品なんてどうやって探したらいいのか?と思いますよね。

 

「売れる商品が分かれば苦労しない」とも思うはずです。

 

ですが簡単に見つける方法があるのでお教えしますね。

 

 

売れる商品の探し方

 

 

「売れる商品」を探すという事は、「売れている商品」探す事と同じですよね?

 

今なにが一番売れているかどうかを調べる時にどこを探しますでしょうか?

 

ランキング」ですよね。

 

Amazonはもちろん楽天市場などのショッピングサイトでも必ずランキングのページはあると思います。

 

このランキングページを参考に商品を考えるだけで売れる商品が見つかるのです。

 

当然ですよね。

 

ランキング上位に来ているという事は、それだけ大量に売れているという事です。

 

その大量に売れている商品を参考にする事で、売れない商品を扱う可能性が一気に下がります。

 

ただここで注意する点としては、ランキング上位だからというだけという一つの理由だけで決めると痛い目をみます。

 

ランキング上位の商品をそこからさらに売れている理由を分析する必要があります。

 

流行に合った物だからなのか、値段がとにかく安いからなのか、機能性が良いからなのか

 

売れている理由にも様々な理由があります。

 

 

この分析を行ってしっかり理由を把握していないと、ここでも失敗する事はあります。

 

例えば価格が安いから売れている商品だと、在庫処分で利益を考えず販売している事が多いです。

 

その場合同じ商品を仕入れても、同じ価格で販売しようとすると利益が全くでないので失敗します。

 

機能性が売れている理由の場合、似た商品を仕入れても肝心な機能性が違って全く売れないという事もあります。

 

このように単純にランキング上位だからという理由だけで仕入れるのは危険なので、分析もしっかり行いましょう。

 

あとは参考にするランキングは、販売を予定しているショッピングサイトのランキングを参考にする事をオススメします。

 

Amazonは他のショッピングサイトと比べて最安値で販売されている事が多いです。

 

なので楽天市場のランキングを参考に商品を仕入れて、Amazonで売れやすい値段で販売してみた所、利益が出なかったという事が起こりえます。

 

他にもショッピングサイトによって強いジャンル、弱いジャンルも存在します。

 

楽天市場の場合、Amazonに比べてファッション系が強い印象があります。

 

なので楽天市場で売れているファッション系の商品をAmazonで販売しても売れないこともあります。

 

そういった点をしっかり踏まえてランキングを見ると売れる商品が見つかります。

 

売れる商品を作る

 

ランキングを参考に商品を販売しましょうと説明しましたが、参考に似た商品を仕入れるだけでは誰でも簡単に出来てしまう事です。

 

誰でも簡単に出来てしまう事をしていても、大きく成功することは難しいと思います。

 

周りと違いを出すにはどうしたら良いか?

 

それはオリジナルの商品を作る事です。

 

オリジナルの商品を言われると非常にハードルが高く感じるかと思います。

 

ですがそんなに難しい事ではなく、ランキングで見つけた商品を元に改良を加えるだけでそれはオリジナル商品になります。

 

どんなに売れている商品でも、不満を持つ人も一定数いる事がほとんどです。

 

そういった不満を持った方の意見は商品レビューに書かれているので、その不満点を解消した商品を作るだけです。

 

服の場合、「この商品は半袖しかないけど、長袖があれば・・・」というレビューがあったとします。

 

なら長袖を作ってしまえばいいんです。

 

その半袖と同じ商品を探すか、似た商品を見つけさえすればその程度の変更は必ず可能です。

 

しかもすでにある商品を元に改良するので、一から作るよりも費用も期間もかからない事が多いです。

 

このオリジナル商品開発を、OEM商品開発と言います。

 

OEM商品開発については下記記事で詳しく説明しているので、ぜひ御覧ください。

 

参考記事

ライバルとの価格競争からの脱出!そのたった1つの方法とは?

 

OEMを行う事で、売れている商品を改良出来るので更に売れる可能性を作る事が出来るのです。

 

まとめ

 

「売りたい商品」ではなく「売れる商品」を扱うという事をご理解頂けたかと思います。

 

売りたい商品や扱ってみたい商品を優先に考えて仕入れたくなる気持ちも分かりますが、売上が安定するまではあくまでも「売れる商品」を常に意識して仕入れを行ってくださいね。

 

物販事業として成功して余裕が出来てから「売ってみたい・作ってみたい商品」を扱う様にしましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 王道!Amazon中国輸入で知っておきべき商品リサーチ方法2選!…
  2. 中国輸入の仕入れで絶対に覚えておくべき大手ECサイト3選!
  3. 落とし穴!?Amazon中国輸入で輸入時に注意が必要な法律3選!…
  4. 中国輸入実践者必見!たった1個からオリジナル商品化する裏ワザ的方…
  5. 初心者必見!Amazon中国輸入でリサーチを失敗する人の特徴3選…
  6. Amazonへの裏技的出品方法!今よりも15倍売れる秘密の方法と…
  7. マルチチャネルサービスって何?メリットとデメリットは?5つのデメ…
  8. 徹底解説!マケプレプライムを使用した時の2つのメリット・デメリッ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP