中国輸入

徹底解説!マケプレプライムを使用した時の2つのメリット・デメリット

こんにちは。

エルシル編集部の大谷です。

 

最近よく、amazonで商品を販売されている方から

 

「マケプレプライムってなんですか?」

 

「マケプレプライムってやった方が良いの?」

 

とこんな感じに、質問を頂く事が多く、興味を持たれている方も多いです。

 

 

【マケプレプライム】という言葉はよく聞くけど、実際のところ良く分からない。

 

そんな方が、ほとんどだと思います。

 

実際に私もそうでした。

 

 

ですが、気になったらとことん調べる性格なので、良く理解する事が出来ました。

 

また調べる事で、メリット・デメリットなども見えて来ました。

 

 

今回は、そんなマケプレプライムに関して詳しく解説していきます。

 

メリット・デメリットを詳しく解説していきますので、興味のある方は必見です!

 

マケプレプライムとは?

 

amazonでは、お客様が購入する商品の発送方法が2通りあります。

 

この発送方法はお客様が選ぶのではなく、商品を出品している出品者が選ぶ事ができます。

 

どのような選択肢があるかというと【amazon出荷】【出品者出荷】があります。

 

 

amazon出荷は、注文があった商品に対して、amazon倉庫(FBA)が発送してくれるサービスです。

 

一方、出品者出荷は、注文があった商品に対して、出品者が出荷する必要があります。

 

この違いは、出品者が自分で出荷するのか、商品をFBAに納品してFBAに出荷をお願いしているかの違いです。

 

 

みなさんご存知の通り、amazon出荷の商品は、上記のような【prime】マークが付いています。

 

amazonは非常に配送品質に定評があり、【prime】マークが付いている商品は到着が早いという世間の認識があります。

 

そのため【prime】マークが付いているamazon出荷の商品は、非常に優遇される事が多いです。

 

なので、【amazon出荷】と【出品者出荷】だと、amazon出荷(FBA)の方がより魅力的です。

関連記事

今更聞けない!Amazonの超便利サービス「FBA」の徹底解説!

 

 

ですが、【マケプレプライム】は、出品者出荷の商品にも【prime】マークが付けれるというサービスです。

上記のような感じで、【prime】マークを付ける事が可能です。

 

 

「じゃあ出品者出荷のセラーは、絶対にやったほうがいいじゃん」

 

と思われた方もいらっしゃると思いますが、マケプレプライムに参加するには条件があります。

 

そんな条件を次に、ご紹介していきます!

マケプレプライム参加条件

 

マケプレプライムの参加条件は商品ごとに、条件を満たす必要があります。

 

なので、A商品が条件をクリアしても、B商品はマケプレプライムにはならないという事です。

 

それからマケプレプライムを使用できるようになるまでには、上記の画像のように3ステップあります。

1.マケプレプライムに登録

2.利用開始の準備

3.利用開始

 

まずはマケプレプライム自体の登録が必要です。

 

登録が完了したら、次にマケプレプライムに参加したい商品を選択します。

 

この参加したい商品を選択して、その商品で条件を満たす事が出来たら、晴れてマケプレプライム商品の一員になれるという感じです。

 

少し前置きが長くなりましたが、次に参加条件を解説していきます。参加条件は全部で5つあります。

 

1. マケプレプライム トライアルで定められた出荷実績、配送品質の維持

 

トライアルとは、マケプレプライムに登録した商品の調査期間のようなものです。

 

要はマケプレプライムに登録した商品の【出荷実績・配送品質】を確認するような期間です。

 

その期間とは、直近50件のマケプレプライム対象商品の注文出荷に対して適応されます。

 

その直近50件の、どの部分を見られるかというと、下記の部分です。

 

また以下のパフォーマンスを満たす必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

・注文即日の出荷率が99%以上

・追跡可能率が94%以上

・出荷前キャンセル率が1%未満

ーーーーーーーーーーーーーーー

というような条件があります。

 

 

なので、最短でマケプレプライム対象商品になるには、最低でも50件注文が必要です。

 

また上記で挙げた条件を満たす必要があります。

 

 

条件の中に【出荷前キャンセル率が1%未満】とありました。

 

この1%ですが、50件中1件でも、出荷前キャンセルがあった場合、2%になります。

 

なので、出荷前キャンセルが入った場合は、なかなか条件を満たすのが難しいです。

 

 

条件を達成出来なかったからといって、参加資格を失うわけではありません。

 

直近50件の注文の平均値が、上記の条件を上回っていればOKです。

 

2. 日本全国への通常配送、出品者様が選択した対象地域へのお急ぎ便の提供

 

この条件に関しては、【amazonの配送品質と同じものをお客様に提供して下さい】という事です。

 

要は「primeマーク付けたいなら、amazonと同じレベルになって下さい」ということですね。。

 

必ず上記の条件を満たす必要があります。

 

かなりハードですね。。w

 

3. 通常配送料無料の提供、Amazonプライム会員へのお急ぎ便送料無料の提供

 

それから上記の条件も、【amazonと同等のレベルで配送品質を保って下さい】という事です。

 

amazonの通常のお客様が、お急ぎ便を選択された場合は、有料プランになっています。

 

ですが、prime会員(有料サービス)の場合は、お急ぎ便が全て無料になっています。

 

 

amazonは、prime会員費をお客様から頂戴している代わりに、お急ぎ便を無料で提供しています。

 

ですが、マケプレプライムに参加したいセラーは、ほぼボランティア精神でお急ぎ便を提供する必要がありますw

 

この条件も、かなりハードですねw

 

4. Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用
(ヤマト運輸、日本郵便のお問い合わせ番号がある配送方法)

 

次の条件は、amazon上で追跡が可能な配送方法を設定する必要があります。

 

amazon上で、追跡可能な配送会社は【ヤマト運輸】【日本郵便】の2社です。

 

ですので、佐川急便などを使用して、マケプレプライム対象商品になる事は出来ません。

 

5. Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応

 

amazonの返品は、購入から30日未満であれば、どのような商品でも返品を受け付けるという規約があります。
(医薬品などの一部商品を除く。詳しくはコチラ

 

そのamazonの返品の規約に則って、返品を受け付ける必要があります。

 

なので、中には理不尽な返品などもありますが、受け付ける必要があります。

 

 

と、ここまで5つの条件を解説しましたが、難しい条件が多かったですね。。

 

ですが、難しい代りに、メリットなどもあります。

 

次は、そのようなメリットを解説していきます。

 

メリット

 

CVRがあがる

 

冒頭でも少しお伝えしましたが、amazon出荷の方が早く到着する事から魅力があると解説しました。

 

同じ商品を同じ価格で、それぞれ【amazon出荷】と【出品者出荷】で販売した時に、必ずamazon出荷の方が注文がされやすいです。

 

そんなamazon出荷商品を、お客様はどこで判断しているのか?というと【prime】マークです。

 

 

なので、【prime】マークがある商品は、必ずCVR(ユニットセッション率)がUPします。
(CVR = 注文数 ÷ クリック数 )

 

そんな事から【prime】マークが付いた商品は、注文数の増大が狙えるというメリットがあります。

 

FBAに納品出来ない商品にprimeマークを付ける事ができる

 

FBAのサービスは、amazon倉庫に納品した商品を、全てamazonが出荷してくれるというサービスです。

 

ですが、納品できる商品にも決まりがあり、【冷凍食品】【大型商品】などの商品は、納品する事が出来ません。

 

そのような商品は、どうしても出品者出荷で補うしか方法はないのです。

 

またこれからも出品者出荷で補っていく必要があります。

 

 

これも冒頭でお伝えしましたが、amazon出荷の商品は【prime】マークが付くとお伝えしました。

 

なので、amazon出荷ではない商品に対しては、マケプレプライムを使用しない限り【prime】マークを付ける事が出来ません。

 

 

そうなると【冷凍食品】【大型商品】に【prime】マークを付けようと考えると、マケプレプライムに登録すれば良いのです。

 

今までFBAに納品できなかった商品に対して、【prime】マークが付けれるといのは、かなりメリットがあります。

 

お客様からしても、冷凍食品が翌日に届くというのは、すごくありがたい事です。

 

 

と、ここまでは2つの【メリット】をお伝えしましたが、次は【デメリット】を解説していきます。

 

デメリット

 

amazonと同じ規約で対応が必要

 

【マケプレプライム参加条件】のところで解説したように、参加する条件が難しい条件になっています。

 

amazonが当たり前に対応している事を、セラーで対応する必要があるのです。

 

で、少しでも直近50件の注文に問題があった場合は、振り出しに戻ってしまいます。

 

 

おそらくですが、最短50件で条件を達成する事は、非常に難しく思います。

 

無理な事はありませんが、そのような事に労力を使うのであれば、違う事に労力を使った方が良いと感じます。

 

amazonが当たり前に出来る事は、amazonに任せれば良いですねw

 

発送に手間がかかる

 

これも上記のデメリットと同じような事ですが、発送にかなり手間がかかります。

 

amazon倉庫は、年中無休で稼働しています。

 

その一方、セラーが商品を出荷する場合、会社でない限り休み期間もあると思います。

 

また会社であっても、長期休暇などがあると思います。

 

そんな条件で出荷をしていると、いつまでたってもマケプレプライムに参加できません。

 

またマケプレプライムに参加する場合は、休みというものはありませんw

 

 

そのような事から考えると、年中無休で出荷してくれる代行業者を探す必要がありますね。

 

また代行業者を見つける事が出来たとしても、出荷依頼や連携がある程度必要だと思います。

 

それであれば、amazon倉庫(FBA)に出荷をお願いした方が、出荷依頼を出す必要もないので楽ですねw

 

なので、FBAに納品できない商品以外は、マケプレプライムを使うメリットってないです。

 

 

マケプレプライムは非常に魅力的なサービスですが、意地になって【prime】マークを付ける必要はありません。

 

それよりもFBAに商品を納品して、出荷はamazonに任せて、それ以外の販促などに力を入れる事をオススメします。

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

私が調べて感じた事は、FBAに納品できる商品は、全てFBAに納品した方が良い。

 

逆に、FBAに納品できない商品は、マケプレプライムに参加した方が良い。

 

というように感じました。

 

もし利用を考えられている場合は、本当にその商品がマケプレプライムに登録必要か考えてみて下さいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 王道!Amazon中国輸入で知っておきべき商品リサーチ方法2選!…
  2. 初心者必見!Amazon中国輸入でリサーチを失敗する人の特徴3選…
  3. 抑えておきたいamazonで販売する商品のリサーチのコツ5選!
  4. 納品費用の削減!複数に分かれてしまうFBA納品先への対策!
  5. Amazonで売り上げを劇的に伸ばす為に大事な3つの価格設定項目…
  6. 要注意!中国からの輸入で禁止や規制がある7つの商品!
  7. 品質表示って何?必要?5分で分かる品質表示法の必要事項と表示例
  8. 中国輸入商品をamazonで相乗り出品する時に絶対に注意すべき点…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP