中国輸入

Amazonセラー広告を成功させる為に大事なたった一つの考え方

こんにちは。

 

エルシル編集部の大谷です。

 

 

「Amazonで広告を使いたい!でも使い方が分からない。。」

 

というような感じで、広告初心者の方は感じる事があると思います。

 

 

すごく分かります。

 

設定の方法が分からないと、思わぬ所で料金が発生しないか不安ですよね。

 

そのような事から立ち止まっている方も、たくさんいると思います。

 

 

ですが、今まで何百商品と広告設定をしてきた私は、そのような不安は一切感じる事はありません。

 

また「広告とはどのように考えて運用すれば良いか?」という事も明確に分かっています。

 

 

そんな今回は、セラー広告初心者のために、【広告運用の考え方】や【広告の役割】などを解説していきます!

 

これを読むだけで、広告の考え方が変わる事間違いなしです!

 

中級者、上級者の方も、参考になる事を記載してますので必見です!

 

Amazonセラー広告とは?

 

Amazonセラー広告とは、クリック課金型の広告です。

 

設定した広告がクリックされると、1クリック◯円という感じで料金が発生します。

 

※上記画像がスポンサープロダクトの表示部分です。

 

 

また【スポンサープロダクト】という呼び方をする時があります。

 

現在は、セラー広告となっているのですが、Amazonの表記でも変更されていない部分があります。

 

ですので、迷わないように覚えておいて下さいね。

 

 

広告の設定は、広告キャンペーン、またはキーワード毎に入札額を決める事が出来ます。

 

その設定した入札額を高く設定しているセラーから、広告が上位表示されるという仕組みになっています。

 

 

広告の設定方法としては、【オートターゲティング】【マニュアルターゲティング】の2種類あります。

1、オートターゲティングとは?

 

購入者が入力した検索キーワードに対し、設定されたSKUの中から関連のあるSKUをAmazonが自動選択し、広告を掲載する仕組みです。

 

要は、Amazonのシステムが自動でキーワードを選んで(生成して)、広告表示してくれます。

 

なので、キーワードの設定が不要で、SKUの設定のみで広告を始める事ができます。

 

 

どのように関連があるSKUと判断されるかというと

●商品タイトル

●商品説明

●商品紹介コンテンツ

●検索キーワード(商品ページ内)

上記の4項目からAmazonが自動で判断して、広告が表示されています。

 

 

先ほど【広告キャンペーン、またはキーワード毎に入札額を決める事が出来る】とお伝えしました。

 

ですが、オートターゲティングの場合は、自動でキーワードが生成されるため、キーワード毎に入札額が設定できません。

 

オートターゲティングは、キャンペーン毎しか入札額を設定出来ませんのでご注意ください。

 

2、マニュアルターゲティングとは?

 

マニュアルターゲティングは、オートターゲティングと違ってキーワードを設定する必要があります。

 

その設定したキーワードが、購入者の入力した検索キーワードとマッチングして、広告が掲載される仕組みです。

 

 

またオートターゲティングと違ってキーワード毎に、入札額を決める事が出来ます。

 

例えば、【Amazon/50円】【スポンサープロダクト/20円】というように設定が可能です。

 

このようにキーワード毎に入札額を設定できるのが強みの部分です。

 

 

それからキーワードの設定方法は、【部分一致】【フレーズ一致】【完全一致】の3つのパターンから設定方法を選ぶ事が出来ます。

 

【部分一致】

 

購入者が検索したキーワードの中に、部分だけでも一致するキーワードがあれば、それに反応して広告が表示されます。

 

 

例えば【Amazon スポンサープロダクト】とキーワードを設定していたとします。

 

そして購入者が、下記のようなキーワードで検索したとします。

 

【Amazon】【スポンサープロダクト】【スポンサープロダクト Amazon】

 

このような検索方法でも、反応するのが部分一致です。

 

要は、設定したキーワードと検索されたキーワードが部分一致、または順不同でも反応するという事です。

 

 

【フレーズ一致】

 

フレーズ一致は、購入者の検索キーワードと設定したキーワードのフレーズが一致しないと表示されません。

 

例えば【Amazon スポンサープロダクト】とキーワードを設定していたとします。

 

上記のキーワードの設定で広告が表示される組み合わせは、下記のようなパターンです。

【Amazon スポンサープロダクト】

【Amazon スポンサープロダクト 最高】

【最高 Amazon スポンサープロダクト】

というような感じです。

 

必ず同じフレーズで検索された場合しか、広告は表示されませんので

【Amazon 最高 スポンサープロダクト】

上記のような検索方法では、広告は表示されません。

 

必ず【Amazon スポンサープロダクト】というフレーズが、順番を入れ替わらずに検索される必要があります。

 

 

【完全一致】

 

 

これは名前の通り、完全一致しないと広告が表示されません。

 

例えば【Amazon スポンサープロダクト】とキーワードを設定していたとします。

 

このキーワードの設定方法の場合は、【Amazon スポンサープロダクト】と検索された時にしか広告が表示されません。

 

 

「ところで、どの設定方法がいいの?」

 

と思われた方も、いらっしゃると思います。

 

必ずこれ!という設定はありませんが、オススメは【部分一致】です。

 

部分一致は、購入者の検索キーワードが、部分一致していれば良いので、広告が表示される確率が高いです。

 

まずはアクセスを集めない事には分析できないので、1番アクセスを集めれる部分一致がオススメです。

 

 

 

では次に、【広告の役割】や【広告を使用する時の考え方】を解説していきます!

 

広告の役割と広告の考え方

 

起爆剤として考える

 

【広告は売上を作るもの】と、よく勘違いされている方が多いですが、違います!

 

【広告は売れる流れに乗せるもの】と、考えた方が良いです。

 

 

広告を使用し続けても、利益を圧迫してしまう事になりかねません。

 

売上が上がっているけど、利益が出ていない。。

 

という方が、よくいらっしゃいますが、そのような方は広告を使いすぎの事が多いです。

 

商品のゴールは、広告を使用して売れる流れに乗せ、自然検索でも売れる事がゴールです。

 

※自然検索とは、広告経由のアクセスではなく、検索からアクセスがあったお客様の事です。

 

中長期目線で考える

 

「広告を設定してから1週間が経ちますが、結果が出ないです。。」

 

という方が、中にはいらっしゃいますが、そんなすぐには結果は出ません!

 

広告は、分析をしながら徐々に改善していくものです。

 

 

いきなり結果が出る商品もありますが、そのような商品は稀にあるだけです。

 

普通の商品は、すぐに結果は出ないので、中長期目線で考える必要があります。

 

すぐに結果が出るようでは、みなさん苦労しないですよね。

 

すぐに結果が出ないからといって諦めず、徐々に改善していきましょう!

 

上位表示させるため

 

商品登録を行ってすぐに、アクセスを集める事は非常に難しいです。

 

アクセスが集まる商品は、検索結果に上位表示される商品です。

 

なので、登録したてホヤホヤのアクセスが集まらない商品は、広告を使用して上位表示させる必要があります!

 

 

Amazonのデータベースによると、購入者が検索結果の2ページ目に移行する確率は、約30%だそうです。

 

残りの70%の購入者は、1ページ目止まりという事になります。

 

そう考えると、上位表示させる事って非常に大事ですよね?

 

なので、広告をドンドン使用して、商品を上位表示させましょう!

 

 

ここまでは、広告の役割に関して解説しましたが、

 

「自分の出品している商品で、どの商品を広告設定したらいいの?」

 

と、悩まれている方もいらっしゃると思うので、次は商品選定方法を解説していきます!

 

商品選定方法

 

「自分は、この商品に広告を設定したいんだ!」

 

というように、志が高い人は大丈夫ですw

 

迷いがないと思うので、その商品を是非広告設定して下さい。

 

 

「取り扱い商品が多くて、どの商品に広告設定していいか分からない」

 

このような方は、下記の方法で商品選定する事がオススメです。

 

Amazonセラーセントラルから

 

【 レポート > ビジネスレポート> (親)商品別詳細ページ 売上・トラフィック> ユニットセッション率 > 並べ替え(降順) 】

 

上記の手順で、ユニットセッション率を降順に並び替えて下さい。

 

 

するとレポート画面で、ユニットセッション率が高い商品が順番で並びます。

 

ユニットセッション率(CVR)とは、【注文数 ÷ クリック数】で算出される数値です。

 

ユニットセッション率が高い方が、購入される確率が高いという事になります。

 

 

なので、ユニットセッション率が高い商品を、広告に設定してアクセス(クリック数)を増やすと、どうなりますか?

 

購入される確率が高いので、費用対効果が良い状態で注文を獲得する事ができます。

 

そのような事から、広告設定する商品を迷われている場合は、ユニットセッション率が高い商品を設定する事がオススメです!

 

 

広告に設定する商品が決まったら、次は広告に設定する予算が気になりますよね?

 

そんな予算の決め方を、次に解説していきます!

 

広告予算の決め方

 

広告予算の決め方は、目標売上の【15~20%】で考える事がオススメです。

 

(例)目標売上が、【10万円/月】の場合、1.5~2万円

 

 

まずは、目標を決めてから逆算しないといけません。

 

先に予算を決めてから目標売上を決めてしまうと、実現が難しい数値になる場合があります。

 

例えば、1ヶ月予算を1万円と決めたとします。

 

そこから目標の売上を100万円と決めてしまった場合、実現が非常に難しい数値となってしまいます。

 

なので、先に目標の数値を決める事をオススメします!

 

 

それから、目標売上の決め方は、商品毎でも、店舗全体でもOKです!

 

商品毎に目標を設定した場合は、そこから割り出した予算を、その商品の広告費として使用すれば問題ありません。

 

店舗全体で目標を設定した場合は、そこから割り出した予算を、設定する複数商品に振り分けるように設定すればOKです。

 

 

ですが、店舗全体で予算を設定する場合は、少し注意点があり

 

【最低でも1商品1万円以上の予算を確保する】というように考えた方が良いです。

 

 

例えば、店舗全体目標【100万円/月】、広告予算【15~20万円】だったとします。

 

また広告設定を考えている商品が、30型あったとします。

 

すると、このような感じになります。

 

広告予算 20万円 ÷ 30商品 = 約6,666円

 

このように考えると、1商品の1ヶ月予算が約6,666円しかありません。

 

日割りで計算すると【 約6,666円 ÷ 31日 = 約215円】となります。

 

1日の商品毎の広告予算が215円って、かなり少ないですよね。。

 

なので、1商品1ヶ月の予算は、1万円以上確保する事をオススメします。

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

これで広告の【概要】【役割】【選定方法】【予算の決め方】が、お分かり頂けたかと思います!

 

広告の設定を考えている方は、まずは上記で解説した内容を最低限の知識として覚えておいて下さいね!

 

もっと広告について知りたい!という方は、下記の関連記事を参考にして頂けたらと思います。

関連記事

スポンサープロダクトの効果的な活用方法3箇条!目指せ売上UP!(中級編)

絶対に知っておきたいamazonスポンサープロダクトの改善方法6選!(上級編)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 必見!3大中国仕入先サイトで信頼出来るセラーを見分ける方法!
  2. 徹底解説!マケプレプライムを使用した時の2つのメリット・デメリッ…
  3. ネットで完結!工場を見つけて生産までの流れ!工場選びの3つの注意…
  4. 簡単!5つのステップで中国輸入をスタート!中国輸入を今すぐ始めよ…
  5. 要注意!中国からの輸入で禁止や規制がある7つの商品!
  6. 中国輸入実践者必見!たった1個からオリジナル商品化する裏ワザ的方…
  7. 右クリックで保存出来ないアリババの画像を簡単に保存する裏技的方法…
  8. スポンサープロダクトの効果的な活用方法3箇条!目指せ売上UP!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP