中国輸入

輸入ビジネスにはPL保険の加入が必要?加入する・しないの判断基準とは?

こんにちは。

 

エルシル編集部の大谷です。

 

 

「販売した商品を使ったお客様が怪我をしてしまった。。」

 

あまり遭遇しないケースですが、実際に発生する事もあります。

 

 

実際に私が販売していた商品に【針】が混入していて、お客様が怪我をされた事がありました。

 

意外と身近に、このような問題が潜んでいます。

 

なので、本当に油断できないです。

 

 

もちろん販売した商品でお客様が怪我をした場合は、責任を取る必要があります。

 

幸いにも私は【PL保険】という保険に加入していたので、何とか対処する事ができました。

(お客様には大変申し訳ないと思っています)

 

 

今回は、そんな【PL保険】に【加入する必要があるか?】【気になる保険料は?】を解説していきます!

 

知っておいて損はないので、最後まで見ていって下さいね!

 

PL保険とは?

 

PL保険とは、第三者(お客様)に引き渡した製品が原因で、身体または物に危害を加えてしまった時に対処できる保険です。

 

例えば、

 

【販売した商品に針が入っていて、お客様を怪我をさせてしまった。】

 

こんな場合に適応される保険ですね。

 

 

また製品だけでなく、与えたサービスが原因で危害を加えてしまった場合も対象です。

 

例えば、

 

【工事業者が水道管の工事を行ったが水道管の継ぎ目の締め付けが弱く、後日、そこから水漏れが生じた。】

 

 

こんな感じのケースですね。

 

 

このように製品、サービスを販売する中で発生してしまった問題を解決してくれる保険がPL保険です。

 

PL保険は【生産物賠償責任保険】とも言います。

 

それから加入は製造業、サービス業だけでなく、小売業、個人事業主でも加入する事が可能です。

 

 

では、次に【小売業・個人事業主でも加入した方が良いのか?】という所を解説していきます。

加入した方が良い?

 

先ほどの続きですが【小売業・個人事業主でも加入した方が良いのか?】の答えは、場合によります。

 

どのような場合かというと、行っているビジネスモデルによって変わってくるのです。

 

 

例えば、せどりをされている方は、主に国内メーカーの商品を販売されている事が多いですね。

 

その国内メーカーは必ずと言っても過言ではないほど、PL保険に加入しています。

 

PL保険の対象となる事業者は、【流通】【販売者】を行う事業者が適応されます。

 

という事は、国内メーカーの商品を販売する事業者には、国内メーカーが加入しているPL保険が適応されるのです。

 

ですので、せどりをされている方は、ほとんど加入するメリットがないですね。

 

 

一方、商品を海外で生産、もしくは海外商品を仕入れて販売した場合は、輸入元に責任が問われます。

 

という事は、中国輸入などのビジネスを行っている事業者は加入必須ですね。

 

 

もし中国輸入を行っている方で、加入せずに販売をした場合は下記のようなリスクがあります。

 

●販売した充電ケーブルが発火して火事になったら?

●販売した商品に針が混入していて、目に刺さり失明したら?

 

「いや、そんな事滅多に起こらないでしょ?」

 

と感じられた方もいらっしゃると思いますが、万が一のために加入する事をオススメします。

 

 

実際に私が販売した【枕カバー】に針が混入していて、購入されたお客様の手に刺さって怪我をされたという事がありました。

 

この時、PL保険に加入していたので、何とかなった事は事実です。

 

お客様の身体ともに、大事にならなくて本当に良かったですが「加入していなかったら?」と考えるとゾッとします。

 

 

このように日常に起こりうる事です。

 

何か起こってからでは遅いので、加入する事をオススメします。

 

加入の仕方は?保険料は?

 

気になる保険料ですが、生命保険などと同じでPL保険も【保険】です。

 

【販売(輸入)している商品】や【売上】などのリスクの度合いによって、保険料は変わってきます。

 

例えば、家電などの【発火する可能性がある商品】と【カバン】では、家電の方がリスクがあるので保険料は高くなるのです。

 

ですので、保険料は【◯◯◯円です!】と提言はできません。

 

 

参考程度にお伝えすると、年商300万~3000万円で、年間約3~4万円ほどです。

 

保険料は、各保険会社に見積を取ってもらう事をオススメします。

 

見積を取ってもらうのはタダなので(笑)

 

 

保険会社は【三井住友海上】【損害保険ジャパン日本興亜】などがあります。

 

どこの保険会社でも、あまり保険料は変わらないので、3社ほど見積を取ってみると良いです。

 

 

PL保険に加入したい場合は【東京商工会議所】から加入する事をオススメします。

 

東京商工会議所から加入できるPL保険は【団体PL保険】という名前の保険です。

 

団体PL保険に加入する場合は、事前に商工会議所に入会する必要があります。

 

入会する年会費は13,000円なので少し高い!

 

ですが、商工会議所からPL保険に加入した場合、保険料が4割引で加入できます。

 

 

その他にも東京商工会議所は、団体PL保険以外にも【マル経融資】という小規模事業者向けの融資があります。

 

このマル経融資とは【無担保・無保証人】で融資を受ける事が可能です。

 

審査も通りやすいので、オススメできます!

 

 

このように商工会議所にメリットがある場合は、団体PL保険に加入する事がオススメです。

 

もし融資などが必要なくPL保険だけを加入したい場合は、商工会議所の入会費を加味して、他の保険と比較する事が良いと思います。

 

商工会議所に入会してPL保険に加入する場合は、2回手続きが必要なので急ぎの場合はオススメはできません。

 

急ぎの場合は【三井住友海上】【損害保険ジャパン日本興亜】などに問い合わせてみましょう!

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

何度もお伝えしますが【問題が起こってからでは遅い】です。

 

事前に準備しておく事が最善の手なので、しっかりと準備して下さいね。

 

しっかりと販売する事に責任を持って、頑張っていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. Amazonカスタマーレビュー規約改定!?レビューを集める2つの…
  2. Amazonで売り上げ上昇間違いなし!売れる商品画像を作る5つの…
  3. 覚えておきたい!5分で分かる中国輸入で必要な仕入単価・利益計算方…
  4. 簡単!5つのステップで中国輸入をスタート!中国輸入を今すぐ始めよ…
  5. Amazonで在庫切れになった時の機会損失を防ぐ裏ワザ的対象方法…
  6. 中国輸入実践者必見!たった1個からオリジナル商品化する裏ワザ的方…
  7. ネットで完結!工場を見つけて生産までの流れ!工場選びの3つの注意…
  8. Amazon新規出品にJANコード必須!取得した方が良いたった1…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP