せどり

Amazonガイドライン変更でせどり絶望!?せどりを継続する3つの方法

こんにちは。

 

エルシル編集部の大谷です。

 

 

せどりをされている方から、こんなニュースが耳に飛び込んできました。

 

「Amazonのコンディション・ガイドラインが改定された」

 

「今回のガイドラインの変更で、販売が厳しくなりそう。。」

 

というような内容でした。

 

 

Amazonって、何のアナウンスもなしに規約を変更したりします。

 

何のアナウンスもなしに変更されたら困りますよね。

 

 

そこで!そのようなニュースが飛び込んできたからには、自分なりに調べてみました。

 

すると、せどりをされている方に関しては、すごく厳しいガイドラインの変更だったのです。

 

これ知っておかないと、かなり痛い目にあう可能性もあります。

 

 

今回は、そんな変更があった【ガイドライン】【対策方法】に関して、解説していきます!

 

せどりをやっている人は、必ず知っておきべき内容です!

 

コンディション・ガイドラインの変更

 

今回のガイドラインの変更があった内容は3つあります。

 

内容に関しては後ほど1つずつ解説していきますが、その内容に該当する商品は【新品で販売できない】という変更がありました。

 

この【新品で販売できない】という内容が、せどりプレイヤーにとっては痛手となる内容になっています。

 

では、変更のあったガイドラインを1つずつ解説していきましょう。

その1.個人から仕入れた商品

 

まず1つ目は【個人から仕入れた商品】が、新品で販売できないというガイドラインの変更がありました。

 

個人から仕入れるというのは、【メルカリ】【ヤフオク】などの個人出品者から仕入れを行う事です。

 

個人出品者が【新品】といって販売した商品でも、新品で出品する事は出来ません。

 

但し、個人事業主から仕入れた場合は、個人とみなされません。

 

【メルカリ】【ヤフオク】仕入れを取り締まるための、ガイドライン変更になっています。

 

その2.メーカー保証と同じ期間の保証を受けられない商品

 

2つ目は【メーカー保証と同じ期間の保証を受けられない商品】が、新品で販売できないというガイドラインの変更がありました。

 

これはどういう事かというと、メーカー商品には保証がほとんどの場合ついています。

 

この保証は、【購入した日から1年間保証します】というような、期限付きの保証が多いです。

 

そのような期限付きの保証と同じ期間の保証を提供できないと、【新品】で販売する事が出来ません。

 

 

個人出品者(メルカリ、ヤフオク)から仕入れた新品の商品は、個人出品者が購入した時点で保証が発生しています。

 

よくヤフオクなどの出品ページで「保証は◯月◯日までです。」というような、コメントを付けて販売している方が多いです。

 

また個人出品者から仕入れた時には、保証書にハンコが押されている商品があります。

 

このような商品は、あからさまに保証が発生しているの分かるので、新品で販売できないですよね。

 

ですが実際に、このような商品がAmazonで新品で販売されているのが現状です。

 

そのような事を防ぐためのガイドライン変更だと感じました。

 

 

その3.Amazon.co.jpから仕入れた商品

 

3つ目は【Amazon.co.jpから仕入れた商品】が、新品で販売できないというガイドラインの変更がありました。

 

「Amazonで仕入れて、Amazonで売って利益でるの?」

 

と感じられた方もいらっしゃると思いますが、実際に出る商品はあります。

 

 

それがどんな商品かというと【タイムセール】で販売された商品です。

 

Amazonのタイムセールでは、かなり安くなる商品が中にはあります。

 

そのような商品を買い占めて、Amazonで再販売するというセラーがいます。

 

そのようなセラーを防ぐための、ガイドラインの変更ですね。

 

 

ここまで3つのガイドラインの変更をお伝えしました。

 

【個人から仕入れた商品】と【Amazon.co.jpから仕入れた商品】のAmazon側の対策は、まだ未完全な状態だと思います。

 

ですが、これから何らかの方法で規制をしてくる可能性がありそうです。

 

 

また【メーカー保証と同じ期間の保証を受けられない商品】に関しては、購入者からAmazonへの連絡で発覚する事が多いです。

 

もし購入者からクレームがあった場合でも、個人から仕入れた物は請求書などを提示できません。

 

Amazonからしたら

 

「なんで提出できないの?どこで仕入れたの?」

 

「メルカリで仕入れたの?じゃあ規約違反ですね。はい、退店。」

 

というような事にもなりかねません。

 

ですので、現時点でも上記の問題は要注意ですね。

 

 

では次に、上記で紹介したガイドラインを踏まえて「どのように対策したらよいか?」を解説していきます。

 

今後の対策方法

 

その1.新品で商品を販売しない

 

今回のガイドラインの変更で、個人から仕入れた商品は新品で販売できる可能性が限りなく低いです。

 

Amazonで販売する以上、Amazonの規約に則って販売する事をオススメします。

 

そう考えると、個人から仕入れた商品を新品で出品する事は出来ないですね。

 

 

Amazonのコンディションで【ほぼ新品】という選択肢があるので、個人仕入れの商品は【ほぼ新品】で出品する事をオススメします。

 

また【ほぼ新品】にする事によって、利幅が変わってくるかと思います。

 

ですので、仕入れの基準を1から見直す必要もありますね。

 

その2.個人ではなくメーカーから仕入れる

 

個人から仕入れた商品は新品で出品できないですが、メーカーから直接仕入れた商品は新品で出品可能です。

 

要はメーカーから商品を卸してもらうという事になります。

 

「どうやったら卸してもらえるの?」

 

と思われた方もいると思いますが、メーカーに直接交渉するしかありません。

 

 

中にはコネで仕入れている方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの場合は直接交渉になります。

 

交渉したからといって、必ず卸してもらえる訳ではありません。

 

ですが、何社も交渉をしていれば、1社は卸しメーカーが見つかる可能性があります。

 

 

また実績を作って、その実績を提示する事で卸してもらえる可能性もあるかもしれません。

 

場合によっては、【正規代理店契約】できる可能性もあります。

 

そうなると、かなり美味しい思いが出来るかもしれません。

 

 

大手メーカーは、仕入れのロット数が多く条件的に難しい場合もあります。

 

ですが、中小メーカーはロット数も小ロットから仕入れ可能な場合もありオススメです。

 

そもそもメーカーは、商品を卸して成り立っている事が多いので、卸先はたくさん欲しいと思っています。

 

ですので、卸しメーカーの開拓してみてもいいですね。

 

その3.ビジネスモデルを見直す

 

【せどり】の種類では、【電脳せどり】【店舗せどり】など、様々な種類があります。

 

また【せどり】といっても、新品しか取り扱わない、または中古しか取り扱わないなど、様々なせどりプレイヤーがいます。

 

その中でも今回のガイドラインの変更で痛手をくらったのは、新品を取り扱われているプレイヤーです。

 

 

Amazonからすると【新古品を新品として販売する】Amazonユーザーを満足させれないセラーは、邪魔と言っても過言ではありません。

 

なので、今回のようなガイドラインを設定して、締め出しをしています。

 

そもそも普通に考えて、またお客様の立場で考えて「新古品を新品の値段で購入するのは嫌」ですよね。

 

 

実際にせどりプレイヤーの中で、【新古品を新品で販売】されている方は多いと思います。

 

「それって全うにビジネスできていますか?」

 

私は今回のガイドラインを見て、そのように感じました。

 

 

もちろん中品品しか取り扱わず、お客様に満足頂いているセラーがいる事も分かっています。

 

ですが、中には規約に反して販売しているセラーもいる事が現実です。

 

そのようなセラーは余計なお節介かもしれませんが、ビジネスモデルを見直す事をオススメします。

 

 

EC物販は、個人出品者から商品を仕入れる以外にも、たくさんの可能性があるのです。

 

例えば、先ほど紹介した【メーカー仕入れ】や【中国輸入】など、他にもたくさん選択肢があります。

 

個人仕入れの場合は、ほとんど1個しか仕入れ出来ないですよね。

 

ですが【中国輸入】などは、一度に同じ商品を複数仕入れが可能です。

 

仕入れに悩む事は無くなると思います。

 

そのような事から私は【中国輸入】をオススメします。

 

中国輸入に興味がある方は、下記の記事を参考にして頂けたらと思います。

関連記事

簡単!5つのステップで中国輸入をスタート!中国輸入を今すぐ始めよう!

 

~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

せどりプレイヤーには、非常に厳しいガイドラインの変更ですね。

 

ですが、仕入れ基準を見直す事で、まだまだ利益を出す事は可能だと思います!

 

または、この機会にビジネスモデルを見直すのも1つだと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています!

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ポチッとお願いしますm(_ _)m

エルシル編集部

投稿者の記事一覧

エルシル編集部。
中国輸入、せどり、コンサルティングなど、物販事業に携わってきた者が、たくさん集まる場所。
日々、EC業界の最先端の情報を追いながら、記事にして発信していく事がモットーです。

関連記事

  1. 中国輸入・せどりのリサーチを楽しくするための大切な3つの考え方!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

不良在庫を抱えている人必見!不良在庫を上手にさばく方法4選!

こんにちは。エルシル編集部の大谷です。物販ビ…

運営メディア

  • 公式Facebookページはこちらをクリックしてください。
  • 公式YouTubeチャンネルはこちらをクリックしてください。
  • 公式Twitterはこちらをクリックしてください。
PAGE TOP