【2019年最新版】中国輸入のやり方、始め方を分かりやすく徹底解説

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は中国輸入物販のやり方について詳しく説明したいと思います。

 

中国輸入という言葉は知っているけど、実際にどうやれば良いのか分からない。

 

そんな人も多いでしょう。

 

ですが、安心して下さい!

 

この記事を最後まで読んでもらえれば、中国輸入のやり方を理解してもらうどころか、スグにでも始めることができますよ!

 

中国輸入について知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

まずは「物販」というビジネスについて知る

 

まずは物販というビジネスについて知りましょう。

 

物販というビジネスは非常にシンプルなビジネスです。

 

「商品を安く仕入れて高く売る」基本はたったこれだけ。

 

シンプルに言ってしまえばこれだけのビジネスです。

 

しかし、シンプルゆえに奥が深い。

 

巷では、「転売」という言葉もありますね。

 

あれも言ってしまえば物販ビジネスの一つです

 

いえ、世の中全ての物販ビジネスが「転売」とも言えます。

 

安く仕入れて高く売る。

これさえ満たせば物販ビジネスと言えますからね

 

物販=転売なのです。

 

では、物販ビジネスをもう少し深く掘り下げて、中国輸入について学んで行きましょう。

 

中国輸入転売とは?

 

物販の全ては「安く仕入れて高く売る」ことにつきます。

 

そして、より利益を出すためには、「安く仕入れること」が大事なのです。

 

そこで生み出されたのが中国輸入という手法。

 

簡単に言ってしまえば、中国で仕入れをして日本で売るというビジネスです。

 

中国は人件費が日本よりも安いので、日本と比べて安い商品がたくさんあります。

 

なので物販の基本である「安く仕入れて高く売る」が行いやすいのです。

 

こうやって文字にしてしまえば、すごくシンプルなビジネスですね。

 

中国輸入は商品が安いので初期投資も安く済みますので、取り組みやすいビジネスでもあります。

 

そんな中国輸入。

 

いいところもあれば、悪いところもあります。

 

それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

 

中国輸入にはデメリットもある!

 

どんな商売にも言えることですが、メリットばかりの商売はありません。

 

必ずデメリットも存在します。

 

中国輸入のデメリットといえば「多売薄利」になってしまうところでしょう。

 

中国は人件費が安いので、商品を安く仕入れることができます。

 

そこで販売者があなただけならば良いのですが、そうはいきません。

 

あなたと同じように、中国輸入をしている販売者は多いのです。

 

なので安く仕入れたからといって、あまりにも高い値段で販売することはできません。

 

それ相応の値段になってしまうのです。

 

つまり、一つの商品に対する利益率が下がり、結果「多売薄利」になるのです。

 

これは中国輸入ビジネスのデメリットと言えるでしょう。

 

コツコツ稼ぎたい人には向いていますが、ビジネスで一発逆転を狙いたい、そんな人には向いていないと言えますね。

 

中国輸入転売のメリットとは?

 

しかし、何もデメリットだけではありません。

 

中国輸入はメリットもしっかりあります。

 

いえ、むしろメリットは多いと言えるでしょう。

 

そんな、中国輸入のメリットもご紹介していきますね。

 

メリットその1・仕入れ単価が安い

 

まずメリットとして挙げられるのは、仕入単価が安いということです。

 

中国輸入を始めるとわかると思いますが、かなり安く商品を仕入れることができます。

 

他の輸入ビジネスでは考えられないほど、商品を安く仕入れるでしょう。

 

商品を安く仕入れることができればできるほど、それだけ利益も上がりますからね。

 

多売薄利にはなってしまいますが、数でカバーできるのが中国輸入の良いところ。

 

安く仕入れるというのは物販ビジネスにおいて大きなメリットになります。

 

メリットその2・沢山の商品を扱える

 

中国輸入ビジネスではたくさんの商品を扱えることも大きなメリットの一つです。

 

中国は本当に巨大なマーケットですからね。

 

たくさんの工場があり、たくさんの商品があるのです。

 

だからこそ、コチラとしても沢山の商品を扱えるのは嬉しいところ。

 

他の販売所と被らない可能性も高いですからね。

 

また、売れる商品をたくさん持つことで、それだけ売上アップにもつながります。

 

たくさんの商品を扱えるのも大きなメリットの一つなのです。

 

メリットその3・利益率が高い

 

最後に特徴的なメリットとして利益率が高いということが挙げられます。

 

中国輸入は商品によっては、かなり安くで仕入れることができ、そして高く売ることができます。

 

その差額ぶんだけ利益率になりますからね。

 

利益率が上がればそれだけ利益も上がります。

 

この、利益率の高さは中国輸入ビジネスの大きなメリットの一つ。

 

狙う商品によっては、大きく利益を出すことができるでしょう

 

中国輸入で稼ぐ為のコツ

 

そんな中国輸入で稼ぐには、あるコツがあります。

 

ことさえ知ってしまえば、中国輸入で稼ぐのは本当に簡単

 

それでは、稼ぐコツをご紹介していきましょう

 

コツその1・回転率の高いものを選ぶ

 

まず、回転率の高いものを選んでください。

 

回転率とは、一定の期間でどれだけ商品が売れたかを示す数値。

 

回転率が高い商品を扱うことで、在庫がスグに現金になりますからね。

 

そして、それだけ利益も上がりやすくなります。

 

例えば季節ものの商品なんかは一見回転率が良いように見えますが、シーズンを過ぎると回転率は悪くなります。

 

できるだけ年中通して回転率が高い商品を選定するようにしましょう。

 

コツその2・OEMする

 

商品をOEMするというのも、中国輸入においては凄く大事です。

 

中国輸入は似たような商品が多いですからね。

 

似たような商品が多いということは、 それだけライバルも多いということです。

 

この状況を打破するには「OEM」しかありません。

 

OEMとは簡単に言うと商品を自社ブランド化するということ。

 

OEMすれば似たような商品がオリジナルの商品になり、ライバルと競争せずに済むことができます。

 

ある程度商品が売れてきたらOEMすることも視野に入れましょう。

 

では、中国輸入は具体的にどうやって始めれば良いのか?

 

以上が中国輸入の簡単な説明になります。

 

そんな中国輸入。

 

いったいどうやって始めれば良いのでしょうか?

 

難しい話に感じるかも知れませんが、中国輸入を始めるステップはたったの3ステップ

 

1・商品リサーチ

2・仕入れ

3・販売

 

大きく分けてこの3つだけです。

 

この3ステップを踏めば、誰でも簡単に中国輸入を始めることができますよ!

 

では、それぞれの項目をより詳しく説明していきましょう。

 

中国輸入の手順その1・商品リサーチ

 

中国輸入の手順その1は「商品リサーチ」です。

 

まずは売る商品をリサーチするところから始めましょう。

 

コツとしては「売れる商品を探す」ということが大事です。

 

どんな商品でも売れなきゃ意味がありませんからね。

 

できるだけ人気が高い商品を選ぶようにしましょう。

 

また利益を確保できる商品を選ぶことも大事です。

 

例えばペット商品。

 

あなたがペットが好きだからペット服を扱う店を作りたいと考えたとします。

 

しかし、今 Amazonではペット服はあまり販売に適していません。

 

というのも、アマゾンではペット服の値下げ競争が過熱化しているのです。

 

なので利益が確保できない状況であります。

 

こういった商品はできるだけ避けるようにしましょう。

 

次に大事なコツとしては「自分が好きな分野、得意な分野を攻める」ということです。

 

自分が好きな分野であったり得意な分野であれば、他の人に対して有利に商品をリサーチできますからね。

 

何が需要があって、何が人気があるのか、そういうことが分かっている分野を攻めるのも一つのコツです。

 

中国輸入の手順その2・仕入れ

 

中国輸入の手順その2は「仕入れ」です

 

販売する商品をリサーチしたら、次は商品を仕入れましょう。

 

おすすめの仕入先は「タオバオ」「アリババ」です。

 

中国輸入について調べているのならば、もしかすると聞いたことがあるかもしれませんね。

 

タオバオとアリババ中国を代表するショッピングサイトで、中国では Amazonよりも巨大なマーケットです。

 

中国輸入は、そんなタオバオとアリババを使うのが一番。

 

しかし、タオバオとアリババは全て中国語の表記になっています。

 

初心者には仕入れるのが難しいですよね?

 

そこで活躍してくれるのが仕入れ代行業者です。

 

仕入れ代行業者を使えば簡単に中国から商品を仕入れることができます。

 

おすすめの業者はタオバオ上海LINERイーウーパスポートです。

 

二つとも安心できる代行業者で、価格が安い割にサービスも良い。

 

良心的な業者と言えるでしょう。

 

代行業者はあまり料金をケチってしまうと詐欺に会う可能性もあります。

 

実際に筆者の知人で代行業者に仕入れを依頼したところ詐欺に遭われた方がいました。

 

なので、仕入れはできるだけ安心できる大手の代行業者に頼むようにしましょう。

 

タオバオやアリババを使わない仕入れ方法

 

仕入れできるのは何もタオバオやアリババだけではありません。

 

自分の足を使って仕入れする方法もあります。

 

いくつかご紹介していきましょう

 

方法その1・展示会仕入れ

 

仕入れの方法として展示会仕入れという方法があります。

 

よく東京や大阪の大都市で開かれていますね。

 

日本に商品を輸出したいと考えている企業が集まっているのが展示会。

 

その展示会で直接企業に仕入れを依頼するのです。

 

そもそも相手は日本に輸出したいと考えていますからね。

 

かなりトントン拍子で話が進んでいきますよ。

 

展示会終了が非常にお勧めな仕入れ方法です。

 

わざわざ中国や海外に出向かなくていいところもメリットの一つですね。

 

方法その2・ギフトショー

 

次にオススメするのはギフトショーです。

 

ギフトショーも簡単に言ってしまえば展示会みたいなもの。

 

しかし、展示会のそれとは規模が違います。

 

年に数回東京ビッグサイトで開かれるギフトショーは世界中の問屋が日本に集まる展示会なんです。

 

かなりの数が企業が集まりますよ。

 

展示会だと中国の企業が多いんですけどね。

 

ギフトショーは本当に世界中の企業が集まっています。

 

こちらも相手は日本に輸出したいと考えていますので仕入れの話もスムーズに進む訳です。

 

非常におすすめの仕入れ方法ですよ。

 

方法その3・現地仕入れ

 

現地の中国に直接行って仕入れを行うというのもオススメな方法の一つ。

 

サイトや代行業者を使った仕入れ方法だと、どうしても品質の確認や商品のカスタマイズに時間がかかってしまいます。

 

しかし現地で直接仕入れを行えばそういった話が早くまとまります。

 

中国輸入に慣れてきた方は現地で仕入れする人も多いですね。

 

中国輸入の手順その3・FBA倉庫に納入

 

さて、中国輸入の手順に戻りましょう。

 

中国輸入の手順その3は「FBA倉庫に納入」です。

 

FBA倉庫とは、Amazonが運営する倉庫のこと。

 

今回発送の手間はあえて手順に乗せていません。

 

自分で発送するという手もありますが、正直かなり面倒です。

 

そこでオススメなのがAmazonのFBA倉庫。

 

これを利用すればあなたが商品発送を行う必要はなく、 Amazonが自動で全て行なってくれます。

 

手数料はかかってしまいますが、それ以上のサービスなのは間違いありません。

 

発送料金も全国一律小さいサイズなら350円、宅急便のサイズなら580円と非常に安い!

 

ご自身で配送業者とに契約している場合以外は FBA倉庫に納入するのが一番でしょう。

 

もちろん、Amazon以外のECサイトでも利用可能!

 

商品を仕入れたらアマゾンの FBA倉庫に納入するようにしてください。

 

中国輸入の手順その4・販売

 

中国輸入の手順その4は「販売」です。

 

売りたい商品をリサーチしてその商品を仕入れ発送の準備が整ったら後は商品を販売するだけです。

 

販売場所はできるだけ多くしましょう。

 

販売場所が多くなればなるほど売り上げは伸びますし、商品も早く売れます。

 

販売場所を多くすることはメリットしかありません。

 

ただ、商品の数が多くなってしまうと、販売場所が多くなると管理が面倒です。

 

中国輸入の理想は少ない商品をたくさんの販売場所で売ること。

 

これを肝に銘じておいてください

 

ネットでの販路は大きく分けて5つあります。

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

オススメの販路その1・Amazon

画像参照元:https://ux.nu/KNuUc

 

まずは「Amazon」です。

 

もはや誰もが知る巨大ショッピングサイトですね。

 

ユーザー層は30代~50代の男性が多いと言われています。

 

コンピューター機器や、本などの書籍が強いですね。

 

Amazonは販売まで簡単にできる仕組みになっており、すでに誰かが販売してる商品があるなら、その場で販売することも可能です。

 

これを「相乗り出品」と言います。

 

最初は売れている商品に相乗り出品するのも一つの手ですね。

 

FBA倉庫も使えますし、非常にお勧めな販路の一つです。

 

オススメの販路その2・楽天

画像参照元:https://ux.nu/flkwH

 

「楽天」も非常にオススメな販路の一つ。

 

Amazonと並ぶ巨大ショッピングサイトですね。

 

レディース商品であったり健康系の商品が強い販売場所です。

 

ユーザーは20代から60代の女性が多く、ポイントを貯めたいと考えている人が多いのも特徴。

 

商品ページの作りこみに制限がほとんどないので、たくさんの説明がいる商品に向いています。

 

しかし最初の出店に最低で30万円のお金が必要。

 

ですので、あまり初心者には向いていないかもしれません。

 

ですが、あまりライバルが少なく高値で販売できる良い販路になります。

 

ある程度利益を確保できたら楽天に出店することも考えましょう

 

オススメの販路その3・メルカリ

画像参照元:https://ux.nu/pvqjM

 

「メルカリ」も忘れてはいけない販路の一つ。

 

アクセサリーアパレル関係に強い販売場所です。

 

ユーザー層は若く、10代から30代の男女が多いですね。

 

今家無視できない巨大マーケットと言えます。

 

非常に良い販路なのは間違いないのですが、メルカリは業者を排除したいと考えています。

 

なので、継続的にずっと売るのは難しいかもしれません。

 

ですが商品の相性さえあれば、非常に強力な販路です。

 

特に相性がいいのは10代から20代の女性向けの商品。

 

これはかなり相性がいいので売れ行きも良いでしょう。

 

オススメの販路その4・Yahoo!ショッピング

 

30代から50代の男性が多いのが「Yahooショッピング」

 

ヤフオクユーザーが多く車やオートバイ用品がよく売れます。

 

ユーザーの客層はAmazonと似ていますが、どちらかといえばメンズ系の商品が多いのが特徴。

 

取り扱う商品によってはかなり良い販路となるでしょう

 

オススメの販路その5・ヤフオク

画像参照元:https://ux.nu/jlJUz

 

最近はメルカリの流行ですっかり影を潜めた「ヤフオク」

 

ですが優秀な販路であることは間違いありません。

 

メルカリは個人間の売買をコンセプトとしていますが、ヤフオクは違います。

 

なので、継続的に商品を販売するのならヤフオクが良いでしょう。

 

またヤフオクは男性ユーザーが多い傾向があります。

 

女性ものの商品はメルカリ男性向けの商品はヤフオクのように使い分けると良いかもしれません。

 

中国輸入はいつしか終わりがくる

 

中国輸入のやり方理解していただけましたか?

 

こうやって見てみればいかにシンプルなビジネスかがよく分かります。

 

実際にやってみるとわかると思いますが、シンプルなので本当に簡単です。

 

そして簡単だからこそいろんな人が参入しやすい。

 

それはつまり、ライバルが多いということでもあります。

 

ライバルが多くなればそれだけ同じ商品を扱う業者も多くなります。

 

パイを取り合うわけですので利益も少なくなるんですね。

 

そういった意味で中国輸入というビジネスにはいつしか終わりが来るかもしれません。

 

それを解消してくれるのが「OEM」です。

 

中国輸入ビジネスは、商品は最終的にOEMするのが一番。

 

自社ブランド化することでライバルを寄せ付けない存在になるのです

 

OEMとは?

 

ここで簡単にOEMについてご 説明しましょう。

 

OEMとはオリジナル商品を作ることを言います。

 

でも、オリジナル商品を作るなんて難しそう。

 

そう思う人もいるかもしれませんね。

 

ですが安心してください。

 

中国輸入ビジネスでOEMすることは実は簡単なんです。

 

中国輸入ビジネスの理想形は商品のOEM

 

中国輸入をやっていると取引相手は問屋や工場が多くなってきます。

 

問屋や工場が取引相手なので、ある程度のOEMであればすぐに対応してくれます。

 

相手もOEMに慣れていますからね。

 

そして世の中の商品に目を向けてみるといかにOEMされた商品が多いかが分かると思います。

 

どの有名なブランドも結局やってること一緒なんです。

 

サンプル品を仕入れ、それの改善点を見つけ、OEMする。

 

そうやって自社ブランドを作り上げていってるんですね。

 

あなたも最終的にはOEMで自社ブランドを作り上げ、ライバルを気にせず商売することを目指しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が中国輸入のやり方になります。

 

こうやって見てみると、本当にシンプルなビジネスですね!

 

流れを理解したら、後はやるだけ!

 

中国輸入で輸入ビジネスを開始しましょう!

関連記事一覧