【初心者必見】中国輸入OEMのやり方を分かりやすく徹底解説

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は中国輸入で商品をOEMをする方法についてご紹介したいと思います。

 

中国輸入転売をしている時、商品をOEMする方法にいきつく人は多いでしょう。

 

でも、OEMって実際はどうすれば良いのか分からない。

 

そう思っている人も多いはず!

 

そこで今回は、初心者の方でも簡単にOEMする方法を解説していきます!

 

ぜひ最後までご覧くださいね!

 

中国輸入とは?

 

まだ中国輸入について学びましょう。

 

中国輸入とは物販ビジネスの形。

 

簡単に言うと中国から商品を仕入れ、日本で販売するという物販ビジネスです。

 

こうやって言葉にすると非常にシンプルですね(笑)

 

中国は人件費が安いので、商品を安く仕入れることができます。

 

なので日本で販売した時に利益率が高くなるのです。

 

そんな中国輸入。

 

最初はいろんな商品を販売すると思います。

 

しかしやってみるとわかると思うのですが、同じような商品を扱う業者は多いです。

 

なので自然とライバルが多くなります。

 

そこでおすすめなのが商品のOEM。

 

商品をOEMすることによって、他のライバルを圧倒することができます。

 

ではOEMとは何なのか?

 

次はOEMについて学びましょう。

 

「OEM」と「ODM」について学ぶ

 

「OEM」とは何なのか?

 

また「OEM」と同じく「ODM」という言葉もありますね。

 

この二つは一体何なのでしょうか?

 

また、どう違うのでしょうか?

 

わかりやすく解説していきますね。

 

OEMとは簡単に言うとロゴ等を刻印して商品をオリジナル化すること。

 

商品オリジナル化することで、似たような商品を販売しているライバルに差をつけることができます。

 

中国輸入をすると分かりますが、Amazonで出品している場合相乗り出品という形で出品している業者が非常に多い。

 

Amazonでは同じ商品であれば相乗り出品と言って、簡単に商品を出品することができるのです。

 

自分が商品を販売する側であれば、相乗り出品されるのは困りますよね?

 

相乗り出品されればされる程、それだけ利益が下がります。

 

その相乗り出品を防ぐのが「OEM」です。

 

「OEM」はそれだけでオリジナル商品になります。

 

オリジナル商品は相乗り出品が不可能です。

 

なのでライバルに差をつけることができます。

 

では「ODM」とは何なのか?

 

「ODM」とは商品の仕様を変更して、さらにオリジナル度上げる方法のことです。

 

OEMはロゴを刻印するだけの変更ですが、ODMでは商品の仕様そのものを変更します。

 

なので、よりオリジナルな商品を作れますよ。

 

「OEM」「ODM」の違いは、簡易的なオリジナル商品が本格的なオリジナル商品かで覚えておくのが一番でしょう。

 

OEMは簡単なのか?

 

この記事を読んでいるということは「OEM」について興味があるのでしょう。

 

そこで気になるのが、OEMは簡単なのかということだと思います。

 

全く中国輸入をしたことがないのであれば、ある程度ハードルは高いです。

 

しかし中国輸入を経験しているのであればOEMはそこまで難しいものではありません。

 

むしろ簡単な部類だと言えるでしょう。

 

相乗り出品を防ぐためにも 商品をOEMすることは非常に重要です。

 

OEMとODMどちらのほうが良いのか?

 

では、「OEM」「ODM」どちらの方が良いのでしょうか?

 

なんとなくわかると思いますが、「OEM」「ODM」ではOEMの方が簡単です。

 

ロゴ等を刻印するだけですからね。

 

それだけでOEMは完了します。

 

なので、まずは簡単なOEMから始めてみましょう。

 

OEMが完了したら次はODMに挑むのもいいですね。

 

初心者の方はまずはハードルが低いOEM を試すことからお勧めします。

 

商品を「OEM」するメリット

 

そんなOEM。

 

メリットだらけの方法なんです。

 

ではOEMにはどのようなメリットがあるのか?

 

詳しく解説していきましょう

 

メリットその1・初めやすい(OEM)

 

OEMは始めやすいというメリットがあります。

 

ODMは商品の仕様変更しますからね。

 

少しハードルが高いと言えるでしょう。

 

しかし、OEMは商品にロゴを刻印するだけです。

 

なので初心者の方でも始めやすい。

 

中国輸入を始めてある程度経ったならOEMすることをオススメします。

 

メリットその2・ライバルの相乗りを阻止できる

 

Amazonで商品を販売していると、相乗り出品されることがあるかと思います。

 

相乗り出品されれば、それだけ売上が下がりますからね。

 

売り上げが下がれば利益も下がります。

 

その相乗り出品を防いでくれるのが商品のOEM。

 

商品をOEMすることによってAmazonの規約的に相乗り出品することはできなくなります。

 

ライバルの相乗り出品を阻止することで利益を独占することができる。

 

これもOEMの大きなメリットと言えるでしょう。

 

メリットその3・独占販売できる

 

商品をOEMすることによって、その商品を独占販売することができます。

 

ロゴ等を刻印するだけでもオリジナルの商品になりますからね。

 

他の業者は真似することはできません。

 

なので独占販売することができるのです。

 

これは Amazonに限った話ではありません。

 

他の販路で販売する場合でも独占販売できるのは大きいですよ。

 

メリットその4・価格を自分で設定できる

 

商品をOEM化することによって、その商品は完全にオリジナルな商品になります。

 

オリジナルな商品なので価格を自分で設定することができるのです。

 

これも非常に大きなメリットの一つですね。

 

価格を自由に設定することができるので、そのぶん売上も上がりやすくなります。

 

商品をOEMする方法

 

以上が商品をOEM化するメリットになります。

 

では商品をOEM化するには実際にどうすればいいのか?

 

商品をOEM化する手順を解説していきましょう。

 

商品をOEMするには大きく分けて七つの手順が必要になります。

 

ではそれぞれ詳しく解説していきますね

 

その1・ロゴを考える(外注でもOK)

 

まずは商品に刻印するロゴを考えましょう。

 

今回は販売する商品が決まっていると仮定します。

 

OEMするためには刻印するロゴを決めないといけませんからね。

 

これがないとOEM化とは言えません。

 

基本的にはどんなロゴでも構わないのですが、自分で考えるのが難しいようであれば外注するのも一つの手でしょう。

 

ここはあまり時間をかけるとこではありませんからね。

 

ロゴを考えたら次のステップに進んでください

 

その2・商品を制作している工場を調べる

 

次は商品を製作している工場を調べましょう。

 

例えばあなたがOEM化しようとしている商品が「財布」だったとします。

 

ではその財布を OEM化が可能な工場を探してください。

 

中国の工場はOEMに慣れていますからね。

 

OEM化が可能な工場であれば、すぐに対応してくれるでしょう。

 

ただ、OEM化が可能な工場を探すには中国語を理解していないといけない必要があります。

 

クラウドワークスやランサーズ等で中国人の方を見つけ、工場探しを手伝ってもらうのが一般的な方法。

 

もう一つの方法として、商品をOEM化してくれる代行業者もあります。

 

代行業者の多くは日本人が運営していますからね。

 

中国の方とやり取りするより話がスムーズに進みやすい。

 

OEM化してくれる代行業者を探すのも一つの手でしょう

 

その3・担当者と打ち合わせ

 

商品をOEMしてくれる工場が見つかったら、次は担当者と打ち合わせしましょう。

 

ここが最も大事なステップになります。

 

ここで間違いを犯してしまうと、後戻りできませんからね。

 

まずはロゴを入れる所を相談。

 

ロゴを入れる箇所が決まったら、次は最低ロット数を確認しましょう。

 

最低ロット数とは、商品を納品するのに最低限必要な数の事。

 

つまり、最低ロット数の数だけ最初に商品を作らないといけないんです。

 

最低ロット数は少なければ少ないほど良いもの。

 

できるだけ少なくなるように交渉してもらいましょう。

 

工場によっては最低ロット数が10からでOKな工場もあります。

 

交渉次第でロット数は下げることができますよ!

 

その4・見積もり

 

担当者との打ち合わせが終わったら、商品の見積もりをとりましょう。

 

いよいよOEMも佳境に入ってきました。

 

ちなみにですが、代行業者に頼む場合は別ですが、ご自身で交渉される場合は関税などに気をつけてください。

 

工場は関税なんて関係なく見積もりを出してくる可能性がありますからね。

 

担当者もその辺りは理解しているものだと思って見積もりを出してきます。

 

関税等の商品以外にかかる費用についても十分チェックしておいて下さいね!

 

その5・サンプル品発注

 

見積もりが終わったら、次はサンプル品を発注してもらいましょう。

 

どれだけ話がスムーズに進んだとしても、この工程を飛ばしてはいけません。

 

中国の工場は商品単価が安いんですが、その分品質が低いことがあります。

 

なので思ってような商品が仕入れられないことが多い。

 

確認の為にも、しっかりサンプル品を発注しましょう。

 

サンプル品でも品質が良く、そしてロゴ等も問題なければ次のステップに進んでください。

 

その6・本商品発注

 

発注されたサンプル品に問題がなければ、次は本商品を発注しましょう。

 

基本的にはサンプル品と同じものが届きます。

 

ステップ3で工場の担当者と話した最低ロット数がアナタの手元に届く事になるでしょう。

 

本商品が届いたら、本商品も軽く品質のチェックを行ってください。

 

なかには粗悪品が混じっていることがありますからね。

 

しっかりと品質をチェックしておくことがクレームの防止につながりますよ!

 

その7・販売

 

本商品が手元に届いたら、いよいよ販売するだけ!

 

FBA倉庫を利用しているのなら、FBA倉庫に入庫することも忘れずに行いましょう。

 

Amazonを利用しているのなら、ぜひともFBA倉庫は利用しましょう。

 

発送料金も安いですし、手数料も他の倉庫に比べて安い!

 

非常に便利なシステムですよ!

 

商品の販売は、まずはAmazonで行うのが一番。

 

Amazonは比較的出品が簡単に行えますからね。

 

また、今ならメルカリ等で販売するのもアリです。

 

ある程度商品が売れてきたら、楽天や他のECサイトで売る事も視野に入れていきましょう!

 

OEMがビジネスを加速させる

 

以上が商品をOEM化するステップになります。

 

こうやって見てみると、かなり簡単ですよね?

 

最初は慣れないと思いますので、代行業者を利用する事をオススメします。

 

代行業者に任せてしまえば、全て行ってくれますからね。

 

ある程度流れが分かってきたら、自分で交渉するのもアリでしょう。

 

手数料が省ける分、より利益率も高まりますよ!

 

OEMしてみると分かると思いますが、世の中の商品は実にOEMされた商品が多い!

 

またODMされた商品も多いんです!

 

どんな大きなブランドであっても、みんなやっている事は一緒なんですね。

 

と、言うことはOEMとODMでしっかりと自分のブランドを構築していけば、アナタも大きなブランドの経営者になれる可能性があるという事。

 

OEMは物販というビジネスを加速させる裏技でもあるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が商品をOEM化する方法になります。

 

これらのステップを踏めば、誰でも簡単に商品をOEM化する事が可能ですよ!

 

OEMを考えている人はぜひ参考にしてみて下さいね!

関連記事一覧