メルカリ出品で商品の売れ行きを伸ばす為の簡単な5つのコツ

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回はメルカリで商品を売る時、より売る為のコツをご紹介したいと思います。

 

CtoCビジネスとして、日本人の生活を大きく変えたメルカリ。

 

色んな物が売れていきますよね~。

 

そんなメルカリで商品の売れ行きをよくするには、あるコツがあるんです!

 

メルカリ歴3年以上、300点以上の商品を売った筆者が徹底紹介していきます!

 

メルカリを利用したことがある人も、これから利用を考えている人も、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

メルカリとは?

画像参照元:https://ux.nu/pvqjM

 

まずはメルカリについて解説しましょう。

 

メルカリは2013年頃に設立された会社。

 

徐々に会員数を伸ばしていき、2016年には黒字化を果たしています。

 

今までB to Cビジネスばかりだったネットビジネス業界。

 

B to Cビジネスとはつまり、会社がお客さんに商品を売るという形のことです。

 

しかしメルカリは違います。

 

皆さんも知っていると思いますが、 メルカリはC to Cビジネスです。

 

つまり、お客さん同士で商品のやり取りをするビジネスのことなんですね。

 

今までネットビジネス業界ではC to Cビジネスはヤフオク一強でした。

 

そこにメルカリが風穴を開けた形になります。

 

そんなメルカリ。

 

何よりも素晴らしいのが、基本無料で利用できるということでしょう

 

メルカリは基本無料で使用できる!

 

今までC to Cビジネスの王者だったヤフオクは、利用するのに料金がかかりました。

 

しかしメルカリは違います。

 

メルカリは手数料を取られますが、それは商品が売れた後の話。

 

商品を出品するだけでは無料で利用することができるのです。

 

メルカリはこの基本無料のシステムによって会員数を大きく伸ばしました。

 

利用者の立場からしても無料で利用できるのは非常に心強いですよね。

 

中には家の中にある不用品ありとあらゆるものをメルカリに出品するという人もいます。

 

それくらいメルカリは日本人の生活を大きく変えたのです。

 

そんなメルカリで売れる商品を作るのには、あるコツがあります。

 

コツを知っているか知らないかで、商品の売れ行きは大きく変わってくるでしょう。

 

メルカリで売れる商品を作るのにはコツがある!

 

メルカリで売れる商品を作るのはあるコツがあります。

 

コツと言ってもそんなに難しいことではありません。

 

どれも簡単なことばかり。

 

しかし非常に大事なコツでもあります。

 

今までメルカリで300商品以上打ってきた筆者がそのコツを今から徹底解説。

 

メルカリで商品がなかなか売れない人、商品の売れ行きを伸ばしたい人は是非実践してみてくださいね。

 

メルカリで商品の売れ行きを伸ばすコツ

その1・売れる商品を売る

 

コツその1は「売れる商品を売る」です。

 

何を言ってるのかわからない人もいるかもしれませんね。

 

しかし、非常にシンプルな話なんです。

 

メルカリではありとあらゆる商品が売れますからね。

 

家の不用品なんかを売る事もあるでしょう。

 

その時、需要があるものなら売れます。

 

しかし、需要がないものは売れません。

 

売れる商品を売ることこそが、メルカリの大事なコツなんです。

 

では、どうやって売れる商品かどうかを知るのか?

 

これは意外と簡単なんですね。

 

メルカリでは商品を検索するとき、商品の状態を指定することができます。

 

そこで「売切れ」の状態を指定して検索してみましょう。

 

そうすればどんな商品が売れたのかが分かります。

 

例えばあなたが帽子を売りたいとします。

 

商品の名前を帽子と入力し、商品の状態を売切にして検索してみてください。

 

すると、売れた帽子だけが検索結果に表示されます。

 

なのでどんな帽子が需要があるのかが分かるのです。

 

メルカリでは売れた商品が一目瞭然で分かるので、どんな商品が需要があるのかが分かります。

 

売れる商品を売るように心がけましょう。

 

その2・綺麗に商品を撮る

 

コツその2は「綺麗に商品を撮る」です。

 

次に大事なコツがこれ。

 

売れる商品を作るために、綺麗に商品を撮りましょう。

 

はっきり言って、これはめちゃめちゃ大事です。

 

冒頭でも言いましたが、筆者はメルカリで300点以上商品を売ってきました。

 

その際色んな試行錯誤を繰り返して、結果300点以上も商品を売ることができたのです。

 

そしてわかったのが、商品の写真によって売れ行きが全然違うということ。

 

同じ商品であっても、綺麗に写真を撮れた商品と、そうでない商品。

 

明らかに前者のほうが売れ行きが良いのです。

 

商品は綺麗に取るように心がけてください。

 

では、より具体的にどうすれば綺麗な商品が取れるのか?

 

その辺りも説明していきますね。

 

綺麗な商品を取り方ですが、基本的に白色の背景を使うようにしてください。

 

筆者は小物等であればAmazonで商品撮影キットを買って撮影しています。

 

背景も白になりますし、商品自体が綺麗に撮れますからね。

 

少し大きいものであれば、100均で白い画用紙を買ってきて、その画用紙を背景に商品を撮影するのがいいでしょう。

 

家に白い壁があれば、その壁を背景に撮影するのもOKです。

 

そして、できるだけ明るくなるように、部屋の明かりをつけ、自然光を取り入れるようにしてください。

 

筆者はそれに加えて、スマホのカメラの明るさ調節を最大にし、できるだけ色が明るくなるように撮っています。

 

白い背景にして、できるだけ明るくして撮る。

 

これが大事なんです。

 

商品を撮影する時はこのことを覚えておいてくださいね。

 

その3・売れる値段を設定する

 

コツその3は「売れる値段を設定する」です。

 

メルカリで商品を売る時、その値段も重要になります。

 

先ほども言いましたが、メルカリでは売れた商品を検索することができます。

 

なので、大体の値段の相場が分かるわけですね。

 

これはあなただけでなく、お客さんにも分かることです。

 

お客さんは値段の相場が分かっているので、相場以上の値段ではあまり買いません。

 

正しい値段設定をしてあげることが、売れる商品を作る近道なのです。

 

ブランド品やメーカー品の場合は、必ず値段の相場を調べ、その相場にあった値段を設定しましょう。

 

特にノーブランドの場合は、あなたが欲しいと思う値段を設定してあげるのが大事。

 

高すぎても買いませんし、安すぎても不安になる場合があります。

 

あなたが欲しいと思う値段を設定してあげれば、お客さんも欲しいと思う可能性が高いですからね。

 

適切な値段を設定してあげましょう。

 

その4・説明文を丁寧に作る

 

コツその4は「紹介文を丁寧に作る」です。

 

売れる商品を作るためには商品の説明文も大事になってきます。

 

まず一番大事なのは商品そのもの。

 

売れない商品を売っても意味がありませんからね。

 

売れる商品を選定したら、次に大事なのは商品の写真。

 

汚い写真だとどれだけ魅力的な商品でも売れません。

 

まずメルカリを見た時に飛び込んでくるのは商品の写真ですしね。

 

そして、写真を見ていいと思ったら商品の詳細に入るわけです。

 

その際、説明文が丁寧だとか買う人も安心しますよね。

 

なので売れ行きが全然変わってきます。

 

商品の説明欄には、商品を見た時にあなたが知りたいことを書いてあげるのが一番。

 

ブランドは何なのか?いつ頃買ったものなのか?傷等はあるのか?どれぐらいの大きさなのか?

 

商品を見た時に、あなたが知りたくなるであろうことを書いてあげてください。

 

もし書くことに困ったときは、同じ商品で売れている商品を探してみましょう。

 

その売れている商品の説明文を真似すればいいのです。

 

そうすればお客さんが知りたいことが載っている情報のすることができますからね。

 

売れた商品の説明文を真似するのも一つのテクニックです。

 

その5・売れた後もしっかり対応する

 

コツその5は「売れた後もしっかり対応する」です。

 

上の4つのコツを実践していけば、商品は驚くほど売れるようになるでしょう。

 

しかし、メルカリでは売れた後も大事になります。

 

売れたあとに適当な対応していると、評価が悪くなりますからね。

 

評価が悪いと、どれだけ良い商品でも売れません。

 

評価を良くするためにも売れた後の対応もしっかりしてあげてください。

 

商品を買ってくれたお客さんに挨拶、発送したら発送通知と発送コメント。

 

何か質問があれば、すぐに対応する。

 

これらの事は心がけてあげましょう。

 

メルカリはC to Cビジネスですが、商品を売る側である以上、あなたはお店と一緒です。

 

なので適切にしっかり対応してあげてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上がメルカリで商品を売る時のコツになります。

 

特に大事なのは写真の撮り方。

 

これが変われば売れ行きも大きく変わります。

 

背景を白にして、できるだけ明るくして撮る。

 

これを心がけてくださいね!

関連記事一覧