副業で転売ビジネスをする時に古物商許可証は必要?取得方法を解説

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は商品を転売するときに必要な古物商についてご説明したいと思います。

 

古物商ってそもそも何なのか?転売には必要なのか?ないとどうなるのか?どうやって取得するのか?

 

色々と悩んでいる人も多いでしょう。

 

この記事を読んでもらえれば、古物商についての全てが分かります!

 

古物商について学びたい人は、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

古物商とは何なのか?

 

まずは古物商について学びましょう。

 

「古物商」とは、そもそも何なのでしょうか?

 

一言で言ってしまえば、「中古品を転売して利益を得る商売」の事です。

 

こういう商売の事を古物商と言います。

 

有名なところで言えば、ブックオフなんかは古物商ですね。

 

古物商を行うには警察で許可を取る必要があります。許可がなければ古物商はおこなってはいけないんです。

 

この許可証のことを主に「古物商」と言います。

 

本来であれば古物商は商売の名前なんですけどね。許可証の存在のほうが有名になったんで主に古物商と言えば「古物商許可証」の事を指します。

 

もはや商売としての形よりも、許可証のほうが市民権を得てしまったんですね(笑)

 

古物商を取らないとどうなるのか?

 

そんな古物商。

 

許可を行わずに営業すると、どうなるでしょうか?

 

許可を得ずに古物商を行うと、「三年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられます。

 

けっこう重たいですね。

 

なぜ古物商をおこなう際に警察の許可が必要かと言うと、盗まれた物の売買や換金を防ぐためなんです。

 

犯罪を防ぐ為にも、古物商は警察の管理下にないといけない訳なんですね。

 

しかし、そこで気になる事があると思います。

 

我々が普段利用している「フリマアプリ」

 

あのフリマアプリを利用する際には、古物商の許可は必要ないのでしょうか?

 

フリマアプリに古物商は必要ないの?

画像参照元:https://ux.nu/pvqjM

 

古物商とは「中古品を売買して利益をだす商売のこと」を指します。

 

では、フリマアプリに古物商許可証は必要ないのでしょうか?

 

メルカリやラクマなどのフリマアプリを使ったことがあるのなら、こういう不安も覚えますよね。

 

しかし、フリマアプリの利用者すべてが古物商を取る必要はないので安心して下さい。

 

自分が使っていたものを売るのは古物商には該当しないからです。

 

「自分が使っていたゲームを売る」

「読まなくなった本を売る」

 

こういう場合には古物商には該当しません。

 

なので、古物商許可証も必要ないのです。

 

しかし、他の出品者から仕入れた商品を売る際には古物商許可証が必要になります。

 

例えば、1000円で売っていた本を「これは2000円で売れるから買おう」と転売した場合には古物商許可証が必要です。

 

基本的には古物商は必要ないので安心して下さいね。

 

古物商の取り方

 

今までの話を聞いていて、古物商許可証が必要だと思った人は許可証を各都道府県で取らないといけません。

 

これは、ビジネスに取り組む都道府県ごとに取る必要があります。

 

つまり、大阪と東京を拠点する場合は、どちらでも許可証を取る必要があるという事です。

 

複数の拠点で活動している人は、この点は注意しておいて下さいね。

 

申請の流れは非常に簡単。

 

①警察署に申請書を提出

②警察から審査を受ける

③許可を得る

 

たったこれだけ。

 

アナタが行うのは①の警察署に申請書を提出だけですからね。

 

審査もありますが、これは書類に嘘がなければ大概は通ります。

 

なので、大体の人が申請すれば許可証は取る事ができますよ!

 

申請の書類は各都道府県の警察署のホームページから取得する事が可能!

 

提出できる時間は各都道府県ごとに違うので注意して下さいね!

 

書類に関して何か分からないことがあれば、最寄りの警察署に相談すれば親身になって対応してくれますよ!

 

古物商許可証を取るとどうなるのか?

 

古物商許可証を取る事で様々な恩恵を受けることができます。

 

そのメリットは大きく分けて4つ。

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

古物商許可証を取るメリット

メリットその1・古物市場に参入できる

画像参照元:https://ux.nu/3PTnv

 

まず一つが「古物市場に参入できる」という事。

 

古物商許可証をとれば、本格的に古物市場という市場に参加する事ができます。

 

これが非常に大きなメリットの一つ!

 

古物市場に参入する事ができれば、より利益が出る商品を安く仕入れることができます。

 

古物市場は各都道府県にあります。

 

本格的に中古品売買をしたいのであれば、古物市場を見に行くのは非常にオススメですよ。

 

メリットその2・税金が安くなる

 

古物商で利益を出したいのであれば、税金を安く抑えることは非常に大事なところ。

 

できれば税金は安く抑えたいですよね?

 

古物商許可証を出せば、商品の仕入れは経費として落とすことができます。

 

古物商許可証があるかどうかは税金の面で大きく左右してくるのです。

 

ビジネスとして古物を扱いたい人は、ぜひとも古物商許可証を取得しておきましょう。

 

メリットその3・安心して古物商を行うことができる

 

前述しましたが、許可を行わずに古物商をおこなうと罪になります。

 

「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられるのです。

 

けっこう重たいですよね。

 

これも、許可を取っておけば安心。

 

罪に問われる事はありません。

 

本格的にビジネスとしてやっていくのなら、安心の為にも古物商許可証は必須といえるでしょう。

 

メリットその4・信用度がアップする

 

これから古物商をおこなっていくなら、取引先も増えるでしょう。

 

その際、古物商があれば取引先に対して信用度もアップします。

 

より安くで卸してくれるかも知れませんしね。

 

ビジネスにおいて信用は非常に大事。

 

信用があれば、それだけ生まれるお金も大きくなります。

 

許可証一つで信用を買えるのであれば、ぜひとも許可証は取っておくことはオススメします。

 

古物商の費用は?

 

そんな古物商。

 

申請自体は簡単なんですが、ある程度費用がかかります。

 

古物商許可証は資格ですからね。

 

古物商許可証の取得にかかる費用は19,800円。

 

そこまで安い金額ではありませんね。

 

しかし、許可がないとその恩恵は受ける事はできません。

 

それどころか、許可証がないと商売そのものをしてはいけませんからね(笑)

 

また、書類を書くのが面倒だと言う人は書類を代行で依頼する事もできます。

 

代筆は大体10,000円ほどですが、あまり難しい作業ではないので自分でやるのも全然OK!

 

費用をかけたくない人は自分で書く事をオススメします。

 

古物商が取れない人も居るので注意!

 

古物商は審査がありますが、大概の人は問題なく審査を通過できます。

 

しかし、中には許可が取れない人もいます。

 

それは、以下に該当する人。

 

・成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。(従来は禁治産者、準禁治産者と呼ばれていたもの)

・禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者

・住居の定まらない者

・古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者

・営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

 

これらに該当する人は古物商許可証を取得する事ができません。

 

まあ、該当する人は少ないですけどね。

 

あらかじめ目を通しておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

以上が古物商に関するまとめになります。

 

転売のビジネスとしてやっていくのなら古物商許可証は必要ですし、不用品を売る位なら古物商は必要ない。

 

費用は19,800円。

 

この辺りを覚えておくと良いでしょう。

 

古物商許可証をとれば、本格的に古物商をビジネスとして行うことができます。

 

より売上を伸ばしたい人は許可証を取得すると良いでしょう。

関連記事一覧