【初心者必見】物販ビジネスの始め方を徹底解説!これを見れば全てが分かる

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は物販というビジネスの始め方について解説したいと思います。

 

物販って言葉は知ってるけど、そもそも何かあまり分からない。

 

始めたいけれど、どうやって始めたら良いか分からない。

 

そんな人の為に当サイトが徹底解説!

 

物販ビジネスを始めたいと思っている人はぜひ最後までご覧くださいね!

 

物販ビジネスとは?

画像参照元:https://ux.nu/IU2yA

 

まずは物販というビジネスについて学んでいきましょう。

 

物販は非常にシンプルなビジネス。

 

「商品を安く仕入れて、高く売る」

基本はたったこれだけです。

 

これができれば物販の成立と言っても過言ではないかも知れません(笑)

 

まあ、色々細かい事はありますが、基本はこれだけなんです。

 

非常にシンプルなビジネスですよね?

 

他のネットビジネスだと、ちょっと専門的な知識も必要になってきます。

 

しかし、物販は商品を仕入れて売るだけですからね。

 

そこまで専門的な知識がなくても始めることができます。

 

パソコンやネットが苦手な人にもオススメなビジネスといえるでしょう。

 

物販はどうやって始めれば良い?

 

そんな物販。

 

どうやって始めれば良いのか、気になる人も多いでしょう。

 

言葉やビジネスの形は知っていても、始め方が分からない人は多いでしょうからね。

 

少し話は変わりますが、ネットで物販をするのなら2つの稼ぎ方があります。

 

まず一つは「転売」

 

ネットで安く売っている商品を仕入れ、他の販路で売る方法ですね。

 

巷では「転売ヤー」なんて呼ばれ方もしています。

 

一見悪のように感じますが、全然そんなことはありません。

 

これも物販の一つの形。

 

そして、もう一つが「輸入物販」です。

 

主な輸入先は中国ですね。

 

中国は人件費が安いので、商品を安く仕入れることができます。

 

巷では「中国輸入物販」と言われています。

 

物販には大きく分けてこの2つがあり、それぞれにそれぞれの良さがあります。

 

ですが、まず物販を始めたいのであれば「転売」をオススメします。

 

なぜ転売がオススメなのか?

 

その理由を解説していきますね。

 

まずは転売から始めるのがオススメ!

画像参照元:https://ux.nu/jlJUz

 

物販を始めようと思っているのなら、まずは転売から始めてみましょう。

 

なぜ転売がオススメかと言うと、転売は利益が出やすいんです。

 

それに今はメルカリやフリマアプリが沢山ありますからね。

 

仕入先や販売先が多く、簡単に商品を仕入れて売ることができます。

 

なので初心者の方でも稼ぎやすい!

 

それに、転売なら小資本から始めることができます。

 

とりあえず物販を始めてみたいのなら、まずは転売から始めるのが一番ですよ!

 

慣れれば中国輸入に挑戦してみよう!

 

転売は簡単に始めることができますし、小資本で始めることができます。

 

しかし、息の長い商売ではありませんし、稼げる額もある程度限界があります。

 

転売で利益を出すことができたら、次は中国輸入転売に挑戦してみましょう。

 

中国輸入に挑戦すれば、大きな利益を出すこともできますよ!

 

中国輸入は商品さえヒットすれば非常に夢があるビジネスです。

 

年商○億も夢ではありませんからね。

 

まずは転売で物販の仕組みに慣れ、その次に輸入転売に挑戦してみて下さい!

 

中国輸入は難しくない?

 

そこで気になるのが、「中国輸入は難しくないか?」という点。

 

なんだか中国輸入って難しそうなイメージがありますよね?

 

確かに、中国輸入は転売に比べて難しいです。

 

少しだけやることが多いですからね。

 

しかし、他のネットビジネスに比べると非常に簡単ですよ!

 

特に専門的な知識は必要ありませんし、中国から商品を輸入するのも代行業者に頼めば中国語を話す必要なんてありません。

 

やってみると分かると思いますが、思ったほど難しいビジネスではないです。

 

そこまで難しいイメージを持つ必要はありません。

 

では、中国輸入はどうやって始めれば良いのか?

 

続いて中国輸入の始め方について解説していきましょう。

 

中国輸入の始め方

 

では、中国輸入はどうやって始めれば良いのか?

 

その具体的な始め方を説明しましょう。

 

本稿では簡単な説明にとどまりますが、コチラの記事ではより詳しいやり方について解説しています。

 

よければご覧になってみて下さい!

 

【2019年最新版】中国輸入のやり方、始め方を分かりやすく徹底解説

 

まず、中国輸入を始めるには売る商品を決めないといけません。

 

なので、商品のリサーチをしましょう。

 

そして売る商品が決まったら、次は商品の仕入れを行います。

 

昔は中国に直接出向くしかなかったんですが、今は代行業者が沢山あります。

 

オススメなのは「義烏パスポート」

 

こちらの業者は安心できますし、格安で商品を仕入れる事ができますよ!

 

仕入れ代行業者に商品を仕入れてもらったら、次は商品の販売。

 

まずはAmazonで売るのが良いでしょう。

 

Amazonは販売ページを簡単に作れますからね。

 

Amazonで販売ページを作成したら、次はFBA倉庫に商品を入庫しましょう。

 

商品を仕入れた段階で入庫するのもOK!

 

商品をFBA倉庫に入庫すれば、商品が売れたら自動で発送してくれますからね。

 

発送の手間を省く事ができるので非常にオススメですよ。

 

後はその繰り返し。

 

在庫がなくなってきたら、新しい商品を仕入れて、FBA倉庫に入庫してって流れです。

 

こうやって文字にすると非常に簡単ですよね?

 

最初はハードルが高いように感じるかも知れませんが、全然そんなことはありませんよ!

 

物販に興味があるのなら中国輸入転売に挑戦してみましょう。

 

最初はAmazonの相乗り出品で!

画像参照元:https://ux.nu/KNuUc

 

では、どのような商品を売ればよいのか?

 

そこが疑問ですよね?

 

物販で利益を出すには、売れる商品を出品するのが一番です。

 

売れるのが分かっている商品を出品すれば利益が出やすくなりますからね。

 

そこで最初にオススメするのはAmazonの「相乗り出品」という方法です。

 

Amazonの商品ページにたまに「マーケットプレイスに出品する」というボタンがあることがあります。

 

こういう感じですね。

 

 

このボタンが表示されている商品は相乗り出品が可能な商品です。

 

ボタンを押して、出品情報を記入していきましょう。

 

中国から輸入している商品はたまに、こういう風に相乗り出品が可能なものがあります。

 

相乗り出品が可能なものだと商品ページを作る手間もいらず、簡単に出品する事が可能。

 

更には売れている商品に相乗り出品することも可能ですからね。

 

まずは売れている商品で、相乗り出品が可能な商品を探してみましょう。

 

売れている商品に相乗りするので、アナタが出品した商品も非常に売れやすくなりますよ!

 

相乗り出品は長く続かない

 

相乗り出品は非常に簡単な出品方法です。

 

それでいて稼ぎやすいですからね。

 

まずはこの相乗り出品でAmazonに出品する流れを掴んでいきましょう。

 

流れを理解したら、早々に相乗り出品は卒業しちゃってください。

 

相乗り出品は出品が楽なので、それだけ多くの人が参入しやすくなります。

 

同じ商品を違う販売者が販売するので、利益も分散されてしまいますよね?

 

なので、あまり大きく稼ぐことができません。

 

だから流れを掴んだら相乗り出品はさっさと卒業しちゃいましょう。

 

相乗り出品を卒業したら次は「商品のOEM化」です。

 

これをすればライバルの相乗り出品を防ぐ事ができ、利益を独占することができます。

 

最終目標は商品のOEM化

 

相乗り出品というのは同じ商品を色んな人が出品する形になります。

 

なので、一つの商品に多数の販売者がいる事になり、利益を独占できません。

 

みんな考えている事は一緒ですからね(笑)

 

ライバル達の相乗り出品を防ぐ為には、商品のOEM化が必要になります。

 

OEMとは簡単に言ってしまえば、商品にロゴを刻印するという方法。

 

商品にアナタ専用のロゴを刻印すれば、それだけでオリジナルブランド商品になりますからね。

 

オリジナルのブランド商品にはライバル達は勝手に相乗り出品はできません。

 

なので、利益を独占することができるのです。

 

商品のOEM化といっても難しい事はありません。

 

商品の仕入先の中国の工場に問い合わせて、商品がOEM化可能か聞く。

 

そして、可能なら後は仕様書を出して商品を仕入れるだけですからね。

 

また、OEM化を代行してくれる業者もいます。

 

そういう業者に頼めば中国語を勉強しなくても、日本人とのやり取りでOME化ができますよ!

 

OEMの詳しいやり方についてはコチラの記事でも解説しています。

 

【初心者必見】中国輸入OEMのやり方を分かりやすく徹底解説

 

ぜひご覧になってみて下さいね!

 

相乗り出品でコツを掴んだら、その商品をOEM化してライバルの相乗り出品を防ぎましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

物販ビジネスと聞くと、最初は難しく感じるかも知れません。

 

しかし、やってみるとそうでもありませんよ。

 

やり方さえ間違わなければ、初心者の方でも簡単に始めることができます。

 

まずは転売から始めて、最終的には商品のOEM化を目指しましょう!

関連記事一覧