【丁寧解説】Amazon出品アカウントの作り方と登録手順をご紹介

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回はAmazonの出品アカウントの作り方について解説していきたいと思います。

 

この記事を読み進めながら作業してもらえれば、アナタも簡単にAmazonの出品アカウントが作れるはず。

 

方法によっては出品アカウントを作る事自体は無料です。作りたいと思った人はぜひ最後までご覧くださいね!

 

Amazonの出品アカウントとはそもそも何なのか?

画像参照元:https://ux.nu/j9JJl

 

Amazonの出品アカウントって何?そんな疑問を持っている人もいるかも知れませんね。

 

Amazonの出品アカウントとは何なのか?まずはそこから解説していきましょう。

 

Amazonって実は、購入者だけのアカウントじゃなくて販売者のアカウントもあるんです。普通にAmazonを使っているだけなら知らないであろう事実ですね。

 

Amazonは出品アカウント、つまりセラーアカウントがないと出品する事ができません。

 

つまり、Amazonで商品を販売したいと思ったらAmazonのセラーアカウントを持つ必要があるんですね。これは何人たりとも破る事ができない決まりなんです。

 

早速セラーアカウントの作り方を解説していきたいのですが、その前に大口出品と小口出品の違いについて解説していきたいと思います。この2つの違いを理解していないとセラーアカウントは作れませんからね。

 

大口出品と小口出品の違い

 

Amazonのセラーアカウントには、大口出品アカウントと、小口出品アカウントが存在します。この2つの違いは何なのでしょうか?

 

けっこう簡単な違いなので、あまり深く考えすぎずに聞いていってくださいね。

 

まずは大口出品の解説から。

 

大口出品とは、その名の通り沢山の商品を販売する人用のアカウントの事を言います。

 

Amazonでは販売量によってアカウントを分ける事ができるのです。

 

それぞれの違いは以下の通り。

 

画像参照元:https://ux.nu/Rd2is

 

けっこう色んな違いがありますね。

 

中でも大きく変わるのが「成約料」「月間登録料」です。もろお金に関わってくる項目ですね。この2つの違いによって、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

では、実際どちらを選ぶのが得なのでしょうか?

 

どちらを選ぶのが得なのか?

 

大口出品と小口出品はどちらの方が得なのか?

 

それは、アナタの今の状況によって大きく変わります。

 

取り扱う商品が多くなくても、月間の販売個数が50個以上になりそうなのであれば、大口出品の方が得だと言えるでしょう。一個売れるにつき100円の成約料は後からボディーブローのように聞いてきますからね。

 

後は相乗り出品ではなく、新規で商品を出品する人なんかも大口出品にしないといけませんね。新規商品の出品は大口出品じゃないとできませんから。

 

とりあえず出品アカウントを作りたいだけなら、月間管理料をとられない小口出品がオススメですね。

 

このように、どちらがお得かはアナタの今の状況によって異なるのです。小口と大口の変更はいつでも可能ですので、まずは小口でアカウントを作成して、販売個数が多くなってきたら大口に変えるのが一番でしょう。

 

Amazonセラーアカウントの作り方

画像参照元:https://ux.nu/KNuUc

 

大口と小口の違いを理解したら、次はいよいよセラーアカウントの作り方。

 

いよいよ本番ですね。

 

Amazonセラーアカウントの作り方は大きく分けて4つの行程に分けられます。それぞれ詳しく解説していきますね。

 

その1・Amazonに登録する

 

まずはAmazonのアカウントを作りましょう。既にAmazonのアカウントを持っている人はこの項目は飛ばしてもらって構いません。

 

Amazonのアカウントを持っていない人はコチラのページからアカウントを登録して下さい。

 

アカウント自体は必要事項を入力すればスグにでも作れますよ!

 

アカウントを作れた人は次の項目に進みましょう!

 

その2・「Amazonで売る」ボタンを押す

 

Amazonのアカウントを作ったら、次はセラーアカウントを作りましょう。

 

セラーアカウントの作り方もとっても簡単。まずは、Amazonのトップページを開いてください。

 

そしたら、「Amazonで売る」というボタンを押しましょう。

 

画像参照元:https://ux.nu/OfIB9

 

そして、セラーアカウントを作る人の情報を入力していきましょう。

 

その3・出品者情報を入力

 

Amazonを売るボタンを押したら、次は出品者情報を入力してください。

 

住所や名前を入力するだけでスグに終わりますよ!非常に簡単な入力ばかりです。

 

出品者情報を入力したら、次は認証情報をクリアしましょう。

 

その4・認証情報をクリア

 

Amazonのセラーアカウントを持てば、スグにでも商品を出品する事ができます。つまり、それはショップの店長になるのも同意義なのです。責任も当然伴います。

 

それに先立って、Amazonからアナタが信頼できる人物かどうか認証を受ける必要があるのです。

 

認証と言ってもそんなに難しいものではありません。アナタの電話番号を認証されるだけです。これをクリアしないとAmazonのセラーアカウントは作れないのです。

 

認証が終われば、何日かの審査の後にいよいよアカウント作成完了!こうやって見てみると非常に簡単ですね!

 

セラーアカウントを作るとどんな事ができるのか?

 

Amazonのセラーアカウントを作るとAmazonに商品を出品する事ができます。

 

それはつまり、ある種ショップの店長になったのも同意義なのです。

 

せどりで仕入れた商品や、中国輸入物販で仕入れた商品なんかを売る事ができるようになりますよ!Amazonはネットを代表するECサイトです。ここに出品するだけで売上がが大きく変わりますからね!Amazonのセラーアカウントを作ってからが物販ビジネスの本番なんです!

 

沢山商品を出品して、売上を伸ばしていきましょう!

 

まとめ

 

Amazonのセラーアカウントの作り方はとっても簡単です。

 

別の記事でも解説しますが、出品方法も非常に簡単ですからね。色々と言われていますが、Amazonは出品者に優しいサイトなんです。

 

簡単だからこそライバルも多いAmazon。そんなAmazonの世界にアナタも足を踏み入れたのです。

 

後は商品を売るだけ。魅力的な商品を増やして売上を伸ばしていきましょう!

関連記事一覧