物販と転売はどう違うの?両者の大きな違いを徹底解説!

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回は物販と転売との違いについて解説していきたいと思います。

 

物販と転売って、すごく似ている言葉ですよね?

 

同じように語られる事もあると思います。

 

では、この2つはどう違うのか?

 

解説していきましょう。

 

「物販」とは何なのか?

 

まずは物販というビジネスについて学んでいきましょう。

 

物販というビジネスは非常にシンプルです。

 

簡単に言うと、物を販売するビジネスのこと。

 

ね?非常にシンプルでしょ?(笑)

 

物を仕入れて、それを仕入れ値より高く売る。

 

これが物販ビジネスです。

 

我々が普段生活している中で、物販ビジネスに触れる機会は非常に多い。

 

スーパーや家電量販店、町の八百屋まで。

 

この世に存在しているビジネスの多くは物販ビジネスと言えるでしょう。

 

ではそんな物販ビジネス。

 

転売とは、どう違ってくるのでしょうか?

 

「物販」と「転売」は何が違うのか?

 

物を安く仕入れて高く売る。

 

これが物販ビジネスの基本です。

 

では、転売とはどう違うのでしょうか?

 

転売も基本は物を仕入れて高く売るだけですよね?

 

文字にしてしまうと、物販ビジネスと同じように聞こえます。

 

しかし、物販と転売は大きく違うのです。

 

どこがどう違うのか?

 

それは消費者に商品が届くまでのフローが変わってきます。

 

一般的に物を販売する時、まず生産者からそのフローは始まります。

 

生産者が商品を製造し、それを卸売店に販売。

 

卸売店は小売店に販売、そして消費者のもとに届くのです。

 

これが物販ビジネスの流れ。

 

転売は小売店から消費者の間に、転売屋が挟まる形。

 

つまり商品が消費者に届くまでの流れが変わってしまうんですね。

 

ここが大きな違いとなります。

 

メーカーにとって転売は害悪

 

小売店から転売屋が商品を仕入れ、それを消費者に定価より高く売る。

 

そうする事によって、転売屋に利益が生まれます。

 

しかし、それはメーカー側にとって害悪な存在ですよね?

 

なぜなら、メーカーは商社や卸問屋をはじめとした業者と取引をしています。

 

その際には、市場に流通する価格や販売数なども決めているわけです。

 

それなのに転売屋が間に挟まってしまうと、一人で何個も商品を独り占めしたいしますよね?

 

これによって流通量が変わってしまいますし、販売価格ももちろん変わります。

 

さらには業者にも影響が出たりして、メーカーが損害をこうむることも。

 

転売は簡単に稼げるビジネスかもしれませんが、メーカー側にとっては害悪な存在になるのです。

 

転売は悪なのか?

 

では、転売は悪と言えるのでしょうか?

 

ネットを中心に、転売行為は転売ヤーと称され、悪者扱いされますよね?

 

しかし、転売が必ずしも悪いビジネスではありません。

 

そもそもビジネスとして成り立っていますからね。

 

本当に悪いことであれば、何年も転売というビジネスは続かないでしょう。

 

消費者が見つけにくい商品を転売屋が見つける。

 

お互いにとってwin-winな関係を築けていることもあるのです。

 

転売屋が悪いという風潮はありますが、必ずしも悪いわけではありません。

 

なぜ転売している人が多いのか?

 

そんな転売。

 

副業としてやっている人は非常に多いですよね?

 

もしかしすると、あなたの周りにもいるかもしれません。

 

いえ、アナタがやっているかも知れませんね。

 

では、なぜ転売は人気なのでしょうか?

 

それは、転売というビジネスがシンプルだからでしょう。

 

そもそも物販がシンプルですからね。

 

物を安く仕入れて高く売る。

 

基本はこれだけなので誰でも始めやすいんです。

 

なので転売と呼びですが非常に人気があるのでしょう。

 

さらに言うと、転売は回転率も非常に高い。

 

回転率が高いと、それだけ利益も生まれやすくなりますからね。

 

なので初心者の方に非常に人気なんです。

 

さらに2015年頃からは、メルカリを中心としたフリマアプリが非常に人気となりました。

 

このメルカリの台頭によって、さらに転売の人気に拍車がかかります。

 

メルカリは非常に利用しやすく、転売屋にとっては仕入れ先としても使えますし、販売先としても使えます。

 

なので、より一層転売を始めやすくなったのです。

 

転売というビジネスのシンプルさと、メルカリの台頭。

 

この二つの要因が重なって転売をしている人が多いのでしょう。

 

生き残るには「物販」がオススメ

 

転売というビジネスは悪ではありません。

 

ビジネスとして成り立っている以上、必要な人がいるわけですからね。

 

しかし、転売屋が邪魔だと思っている人がいるのも確か。

 

消費者の中にもいるかもしれませんし、メーカーにとっては確実に嫌な存在ですからね。

 

転売は誰でも始めやすく、しかも稼ぎやすいビジネスです。

 

なので人気の高いことは間違いありません。

 

ですがビジネスで生き残っていきたいのであれば、物販をお勧めします。

 

物販のビジネスであれば、生産者を、消費者も、みんなハッピーになりますからね。

 

誰も嫌な思いにならないのです。

 

人のためになるビジネスはずっと長いこと生きていけます。

 

そして物販というビジネスは、古くから続いているビジネスです。

 

恐らく、これから先もなくなることはないでしょう。

 

なのでビジネスで生き残っていくためには、物販が一番オススメなんです。

 

一時的に稼ぐだけであれば、転売はお勧めです。

 

しかし生き残っていくためのビジネスではありません。

 

本気で商売をしたい、息の長い商売をしたいのであれば、物販を始めてみましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上が物販と転売の違いになります。

 

物販は

生産者→卸売業者→小売店→消費者

という流れで商品が流通していきます。

 

それに比べて転売は

生産者→卸売業者→小売店→転売屋→消費者

となる訳ですね。

 

このフローが違うのが大きな違い。

 

なので、転売というビジネスはメーカーや卸売業者にとっては害悪になりやすいのです。

 

そういうビジネスは長くは続かない可能性が高い。

 

これから先も生き残っていくのであれば、物販を始めるのが一番でしょう。

 

転売で物販の基礎を学べば、物販も理屈は同じですからね。

関連記事一覧