【永久保存版】超一流の経営者から学ぶ成功者の12の共通点

 

どうも、こんにちは。

 

さて、今回はビジネスの成功者たちの共通点についてご紹介したいと思います。

 

偉大な成功者達にはみんな、ある共通点があるんです。

 

では、どのような共通点があるのか?

 

成功者たちの名言と共にお届けしていきましょう。

 

目次

ビジネスの成功者に共通する点

「私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある」 – 本田宗一郎(ホンダの創業者) その1・失敗しても諦めない

画像参照元:https://ux.nu/tqOmn

 

成功者達の多くは失敗しても諦めません。

 

いえ、多くではないかも知れませんね。

 

もはや全ての成功者達に共通していると言えるでしょう。

 

失敗しても諦めなかったからこそ、彼らは成功者になる事ができたのです。

 

また、本田宗一郎さんはこうも仰っています。

「失敗が人間を成長させると、私は考えている。失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。」

 

本田宗一郎さんは他の経営者以上に、失敗に対してポジティブな考えだったのかも知れません。

 

だからこそ、あのホンダ自動車も大きくなったのでしょう。

 

失敗に諦めない姿勢は成功者達に学ぶ姿勢でもあります。

 

「最初にあったのは夢と根拠のない自信だけ。」 – 孫正義(ソフトバンク創業者) その2・自分に自信がある

画像参照元:https://ux.nu/d2yCy

 

多くの成功者達は自分に自信を持っています。

 

自分に自信がない成功者なんていません。

 

自分に自信があるからこそ行動力も高くなり、成功につながるのでしょう。

 

消費者からすると、自信のない社長がやっている会社の製品やサービスなんて買いたくありませんもんね。

 

自信があるからこそ、消費者も安心して購入することができる。

 

自信はビジネスにおいても凄く大事なのです。

 

「僕がいつも楽観的だと評されるのは、ひとえに苦労のたまものだ。恒心を得たのである。」 – 出光佐三(出光興産創業者) その3・ポジティブ思考

画像参照元:https://ux.nu/GWHdc

 

多くの成功者達はポジティブ思考です。

 

これは全ての成功者に当てはまる共通点ではありません。

 

ネガティブ思考な成功者もいるでしょうからね。

 

しかし、ポジティブ思考の成功者が多いのは事実。

 

思考がポジティブなので、彼らは行動もポジティブになるんです。

 

行動がポジティブになると、周りの人を巻き込んで色んな事を起こす事ができます。

 

一人でできる事なんて、たかが知れてますからね。

 

大勢の人を巻き込む事で成功を導いているんです。

 

その根底にあるのが「ポジティブ思考」

 

ポジティブ思考の人は間違いなく充実した成功を手にする事ができるでしょう。

 

「僕は毎日のようにこう自分に問いかけている”今、僕は自分にできる一番大切なことをやっているだろうか”。」 – マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者) その4・毎日習慣づけている事がある

画像参照元:https://ux.nu/8Sz8X

 

「毎日何かを習慣づける」

これを実践している成功者達は非常に多い!

 

実際に筆者の周りの社長たちにも、何かを習慣づけている人は多いですね。

 

例えば

「毎日本を読む」

「その日の仕事を紙に書き込みタスク管理」

「毎日30分ウォーキングする」

 

このような、ちょっとした事を習慣づけているんです。

 

有名な人だと、

メジャーリーガーの「イチロー選手」「毎朝同じ物を食べる事で、一日をルーティン化」しています。

 

こうする事によって、毎日の動作が限りなく同じものになり、ヒットを打てるバッドのスイングや軌道までもルーティン化を可能にしたのです。

 

イチロー選手の凄まじいまでの安打数は、習慣の賜物と言っても過言ではないでしょう。

 

ユニクロの創業者「柳井正社長」「毎日ノートに書き込む」という事を習慣づけています。

 

辛い事も嬉しい事も、夢や希望さえも毎日ノートに書き込むという柳井社長。

 

毎日ノートに書き込む事で、具体的な夢や悩みが分かるようになるそうです。

 

そうする事で、成功までのプロセスがより分かるんでしょうね。

 

習慣は成功の為にとても大事だと言うことが分かります。

 

「世界を変えられるって本気で思い込めるのなら、本当に世界を変えられるんだよ。」 – スティーブ・ジョブズ(Apple創業者) その5・強い信念をもっている

画像参照元:https://ux.nu/cRPsu

 

ビジネスで成功している人は強い信念を持っています。

 

それも、確固たる信念ですね。

 

確固たる信念があるからこそ、進むべき方向も分かるんです。

 

信念を持たずに事業を続けている会社はないと言えるでしょう。

 

どんな経営者も、どんな会社も、少なからず強い信念を持っています。

 

その信念がある限り、成長を続け、そして成功を収めるのでしょう。

 

「なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。」 – ビル・ゲイツ(Microsoft創業者) その6・時間を大事にしている

画像参照元:https://ux.nu/CyUxN

 

ビジネスの成功者達は時間を大事にします。

 

「時は金なり」

 

とは、よく言ったものですよね。

 

本当に時間はお金並に大事です。

 

いえ、「お金より大事かも知れません」

 

時間はお金に変える事はできますが、お金は時間に変える事ができませんからね。

 

現状では時間→お金にする方法がないので、事実上時間のほうがお金よりも価値が高いと言えるでしょう。

 

成功を収めている経営者たちは時間の大切さを、そしてお金よりも価値が高いものだと分かっているからこそ、時間を大事にするのでしょう。

 

「仕事を人生最大の遊びにできるかどうかが鍵」 – 三木谷浩史(楽天創業者) その7・仕事を楽しんでやっている

画像参照元:https://ux.nu/t7BDn

 

ビジネスの成功者達全てに共通する点と言えるでしょう。

 

彼らは絶対に仕事をイヤイヤやっていません。

 

仕事を楽しんでいるんです。

 

楽しんでいるからこそ、様々なアイデアが生まれて、より良い製品(サービス)を作ることができるのでしょう。

 

仕事を楽しまないと、良いアイデアも出ませんからね。

 

出るのは愚痴ばかりになってしまいます。

 

仕事を楽しんでおこなえる人は、みんな成功者の素質があると言えますね!

 

「今日の読書こそ、真の学問である。」 – 吉田松陰(松下村塾創設者) その8・読書が好き

画像参照元:https://ux.nu/WNJcq

 

不思議な共通点ですよね~。

 

成功者達は読書が好きな人が多いんです。

 

読書は様々な事を学べますからね。

 

知識量も増えますし、場合によっては考え方も変わります。

 

人に良い影響を与えやすいんでしょう。

 

あの世界の大富豪で知られるビル・ゲイツ氏は一週間に一冊本を読む程の読書家で知られています。

 

自身のブログであるgatesnotesでは、度々オススメの本を紹介していますしね。

 

いかに読書を大切にしているかが分かります。

 

「生活の中では数字と無縁でいて、商売の時だけ数字を持ち出すのでは遅すぎる。」 – 藤田田(日本マクドナルド創業者) その9・数字に強い

画像参照元:https://ux.nu/FS5Zh

 

当たり前な話かも知れませんが、数字に強い経営者達はビジネスで成功を収めます。

 

ビジネスは数字の世界とも言えますからね。

 

しっかりと数字で管理する事によって、様々な事柄が見えてきます。

 

あのソフトバンクの創業者である「孫正義さん」は全てのデータを数字化する事にこだわっていたようですね。

 

全て数字にして情報を見える化する事で、的確なサービス向上につながったと言われています。

 

そんな孫正義さんが尊敬していた経営者「藤田田さん」

 

米国で流行していた「マクドナルド」に目をつけ、日本でのフランチャイズ権を獲得。

 

そして、藤田田さんが経営していた「藤田商店」との合併企業という形で「日本マクドナルド」を設立します。

 

「日本マクドナルド」を設立した時、米国のマクドナルドとの出資率は折半。

 

ロイヤリティは双方とも1%という異例の取り決めで設立されたのです。

 

当時のマクドナルドの米国での勢いを考えると、かなり藤田さんに有利な取り決めです。

 

いかに交渉を上手に進めたのかが分かりますね。

 

そんな藤田田さんは数字に凄くこだわりを見せていて、よくマクドナルドって「ストローの太さが日本の女性の乳首の平均サイズ」という噂を聞きますよね?

 

あれは事実で、その太さが一番飲み物が飲みやす太さという事でしっかり研究され、あの太さになっているんです。

 

また、マクドナルドはカウンターの高さにまでこだわっており、高さは必ず財布を取り出して、お金を出しやすい高さになっています。

 

そこまで数字で管理し、数字を研究し、数字にこだわったんですね~。

 

結果、日本におけるマクドナルドの成功は言うまでもありませんね。

 

藤田田さんの経営戦略は素晴らしいものばかりなので、また別の機会で紹介できればと思います。

 

ちなみにですが、「McDonald」の英語での正しい発音は「マクダーナルズ」だそうです。

 

しかし、これだと日本人には言いにくいからという事で、日本人が親しみやすい「3対3の語感で韻を踏んでいる」という理由で「マクドナルド」と藤田田さんが命名したんです。

 

凄いですね。

 

「部下を優遇するにつとめ、事業上の利益はなるべく多くを分与すべし。」 – 岩崎弥太郎 その10・周りの人に幸せを与えている

画像参照元:https://ux.nu/RCNiD

 

ビジネスの成功者は、それだけお金を手にするでしょう。

 

ビジネスとはそういうものですからね。

 

成功=お金持ちです。

 

しかし、多くの成功者は富を独り占めしたりはしません。

 

彼らは、しっかりと周りに与えています。

 

成功や富を独り占めして、誰にも幸せを与えない成功者は必ず失敗を迎えますね。

 

周りの人に沢山の幸せを与えることができるからこそ、多くの成功や富を手にすることができるのでしょう。

 

「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」 – ウォルト・ディズニー その11・成長を止めない

画像参照元:https://ux.nu/65HpS

 

ビジネスの成功者達は成長を止める事をしません。

 

特に経営者は成長を止めませんね。

 

経営者が成長を止めてしまった時、それは会社として終了と言えます。

 

経営者が成長を止めた会社は必ず終わりを迎えますからね。

 

成長を止めない経営者だけが動乱の世界で勝ち抜くことができるのです。

 

どこかで慢心になれば、その瞬間が終わりと言えるでしょう。

 

「素直な心で見るということがきわめて大事だ。そうすれば、事をやっていいか悪いかの判断というものは、おのずとついてくる。自己観照ということが大事で、特に経営者が判断するときには、この心がまえが不可欠と思う。」 – 松下幸之助 その12・素直

画像参照元:https://ux.nu/Aj4NS

 

意外な事に、ビジネスの成功者達は素直な心を持っている人が多いです。

 

大体が、頑固者なイメージがありますよね?

 

しかし、そんな事はありません。

 

素直な心を持っているので、周りの意見にも耳を傾け、良いと思ったアイデアはどんどん採用していきます。

 

素直な心を持っていない人は周りから吸収する事ができないので、成長できませんしね。

 

素直な心が成功を導くのです。

 

先程も言いましたが、慢心を持ってしまった瞬間終わりなんでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上がビジネスの成功者達の共通点になります。

 

ビジネスの成功者達には、必ずこれらの共通点が見つかります。

 

逆に言えば、これらの共通点を守れば誰しも成功者になることができるという事。

 

難しいものから簡単なものまでありますが、ぜひ真似してみて下さい。

 

きっと大きく人生が変わるでしょう。